海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン1・第23話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ1 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン1・第23話『決断のとき』のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

FBIのラナは、カリンダにまたもや近づいている様子。予算削減のため証人保護プログラムの見直しをしているそう。今回のクライアントは、麻薬特別捜査官ののジャック・アーキンです。仲間の違法行為に荷担するよう迫られ、事務所に相談を持ちかけてきたのでした。

再選を狙っているチャイルズは、自分の不利になるような捜査は妨害するはずだ、とウィルは話します。チャイルズが失脚すれば、フロリックは恩恵を受けるとするラナは、アリシアがこの事件に関与することに対して後ろ向きです。アリシアもすぐに席を外しました。

ジャック・アーキンの証言によると、ハンターが隠し場所を決め、麻薬と銃をそこに隠すとのこと。ジャックの携帯には押収品の画像がありました。ウィルはラナに対して、彼の画像と引き換えに訴追免責を認めることを求めます。

 

さらに、ラナが示した汚職警官と思われる人物たちの写真数の中から、ジャックはカリンダと仲のいいバートン刑事のことも指差しました。その後カリンダは早バートンの元へ行き、なぜ情報を提供してくれるのかと尋ねます。彼は、友達だからだと話します。

アリシアの家族は仲良く食事に出かけました。そこには、市長のスタッフのレイの姿が。ピーターは妻の事務所を紹介すると言います。彼は、これからはピーターの時代だと媚を売ります。さらにウェイトレスから電話番号を渡されるも、ピーターは受け取りません。

その2時間後、ジャック・アーキンは殺されました。麻薬の売人であるランディ・ゴーマンのアジトに踏み込んだ際に撃たれたのです。ゴーマンもまた、ハンターにより射殺されました。現場にはバートンが駆けつけ、カリンダはますます不審に思います。

 

依頼人が翌日に亡くなったとのことで、ダイアンはラナが情報を漏らしたためではないかと言います。ラナは捜査は続けると話します。アリシアは、不法行為による死亡でクック郡とシカゴ市を訴えるべきだと言いました。

警察側はゴーマンを逮捕するためにアーキンアジトに踏み込み、射殺されたと発表しましたが、アリシアたちはそれには矛盾してると話します。なぜなら、死体から離れた所にアーキンの唾液が混じった血痕があったためです。

うつ伏せで倒れたアーキンを誰かが仰向けにした可能性が出てきました。アーキンの証言を恐れた汚職警官がわざとゴーマンにアーキンを殺害させたと言います。汚職警官らがゴーマンを殺害し、ゴーマンの銃でアーキンを撃った可能性もあります。

 

イーライはアリシアに貸しがあると話します。そして、2年前にピーターが懲役20年にした男性を、チャイルズが釈放したため、元恋人が殺害されたことを話します。ピーターは出馬は4年後と話していましたが、イーライは選挙でアリシアに協力してほしいと頼みます。

ダイアンは、マクベイに弾道解析の依頼の交渉を行いました。マクベイの見解は警察側と同じものでした。マクベイは検事局からも証言を頼まれていたのです。ダイアンは、あなたの好きなようにして、と言いました。

いよいよ宣誓証言の日がやってきました。なんと、そこにはケイリーの姿が。検事局に転職していたのです。ダイアンたちはケイリーは優秀だったと話します。アリシアへの復讐心もあるためか、アーキンの妻に厳しく追及します。

ダイアン、ケイリー、マクベイのスリーショット。ダイアンは検事局側についているマクベイを徹底的に追及します。弾道解析のFBI規定についても触れ、マクベイが使用した照明スタンドが規定に準じていないと指摘。容赦ない攻撃にケイリーの顔もこわばります。

カリンダは押収品の隠し場所を探るべくアーキンの写真の撮影日とその日のクレジットカードの明細を調べます。すると、ショール・ガスという店名が浮上しました。さらに調査を進めると、ゴールドメタル倉庫という名前が出てきました。

カリンダはラナを呼び出します。倉庫の中には大量の麻薬が。カリンダが電話をとると、ラナ-は咎めます。カリンダがバートンと関わりがあることを知り、カリンダが情報を漏らしていると踏んだのです。カリンダは、裏切っていたらここに呼ばないと、ラナとキスをします。

 

遺体から離れた場所に唾液の跡があったことをアリシアが追求すると、ハンターは証言を修正します。アーキンが撃たれてうつ伏せに倒れた後、ハンターがゴーマンを射殺し、アーキンを仰向けにして盗聴器を外したとのこと。アーキンは仲間を裏切っていたのです。

ウィルは残業中のアリシアとピザを食べながら懐かしい思い出話に花を咲かせます。初めて会った時のお互いの印象、アリシアはジアだのことにも触れます。君といると安らぐ、というウィル。2人の間には相変わらずいい雰囲気が漂います。

ゴーマンの通話記録から、事件当日、ハンク・リデルという人物が2回電話していたことがわかりました。しかし、アリシアとカリンダがハンクの自宅へ行くと、彼は関節炎のため常に介護が必要とされる老人で、電話などかけられない状況だったとのことです。

 

なんと、事件当日に彼の介護を担当していたのは、トリッシュ・アーキンでした。アーキンの妻が麻薬の売人に捜査情報を漏らしていたのです。さらに、クック郡当局からは大量の示談金とともに、事件から手を引くよう取引を持ちかけられたとのこと。

ジャックは不正を行い仲間を陥れようとしていました。しかし、ジャックは殺され、全てを知っていた妻のトリッシュがジャックを陥れ、大金を手に入れることに。カリンダは、バートンを疑ったことを謝り、バートンに真犯人であるトリッシュの妻の情報を流しました。

イザヤ牧師の影響から出馬を見送ろうとしていたピーターですが、これからは素晴らしい州検事になりたいとし、ピーターはアリシアの協力が必要だと話します。アリシアは、家族を巻き込まないことと仕事を続けることを条件に、ピーターのサポートを決心します。

 

ウィルはアリシアへの想いを断ち切れず、ピーターの会見中にアリシアに電話をかけます。夫と子供がいる立場のアリシアは、プランはあるの?とたずねます。ウィルは覚悟を決め再びアリシアに電話をかけます。会見中のピーターはアリシアに手を差し伸べます。

『グッド・ワイフ』シーズン1・第23話『決断のとき』の感想

好きな人でも容赦しないダイアン

検事局から証人の依頼が来ていたが、ダイアンへの想いからダイアンに会いに来た、とマクベイは話しました。それを聞いたダイアンはプライドを傷つけられ、マクベイをはねつねます。マクベイが事務所にやってくると、弾道解析のFBI規定に触れ徹底的に攻撃しました。

マクベイは言葉を失って事務所から出て行きましたね。ダイアン、おそるべしです。いくら気になっていた人とはいえ、プライドを傷つけられるのは許せなかったのでしょう。ダイアンはとてもじゃないけど敵には回したくない存在ですね。

アリシアの恋のライバル登場?

ピーターのことを信じるとは決めたものの、まだウィルのことも吹っ切れていないアリシア。アリシアは、ウィルに近づきつつあるジアダと対面します。彼女は模擬裁判でウィルと議論を交わした女性で、ウィルを食事に誘いました。

ウィルは大学時代からの知り合いだと、ジアダに対して少し強気に出るアリシアは、やはりウィルが気になるのでしょうか。ジアダはアリシアに対して、わりと本気でライバル心を燃やしている感じですね。

ジアダは、アリシアの恋に火をつけるきっかけになるのでしょうか?はたまた、ウィルの新しい恋の相手となるのか?今後の展開に注目です。

カリンダとラナの関係は?

バートン刑事からも気に入られて、ちゃっかりいろいろな情報を持ち合わせているカリンダ。そして、最近よく見かける、カリンダとFBIラナのツーショット。ラナもカリンダのことを気に入っている様子で、あらゆる情報提供に協力します。

男女ともモテモテのカリンダは、今回はちょっとラナにヤキモチを焼かれるような場面もありました。ラナへのカリンダの切り返しがさすが、という感じでしたね。二人はこっそりキスをしてしまいました。今後の2人の関係性の変化にも注目です。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥2,370 (2020/12/05 05:26:11時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

主人公のアリシアは、大学院を首席で卒業し2年間弁護士として活躍した後は良き妻、良き母として家庭に専念してきました。しかし、夫ピーターが、汚職疑惑で州検事を辞任すると、13年ぶりに弁護士に復帰。様々な人間関係の中で、懸命に弁護士として活躍していきます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。清廉潔白な州検事として有名でしたが、汚職疑惑と女性スキャンダルにより州検事を辞任します。収賄罪で懲役10年の判決を受けますが、汚職事件を否定し、無実を訴えて控訴します。妻を気にかけながら、将来の検事復帰を宣言します。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人であり、法律事務所を共同経営する、有能で魅力的な弁護士です。自身の法律事務所にアリシアを雇い入れ、彼女の弁護士復帰を応援します。休日には判事たちとバスケットボールを楽しむことも。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ウィルとともに法律事務所を経営する独身の女性弁護士で、フェミニストの民主党員としても知られています。初めは、同じ女性弁護士としてアリシアに脅威を感じていましたが、徐々に彼女を認め、彼女に対し協力的になっていきます。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

アリシアと同じ法律事務所の美人調査スタッフ。アリシアの夫ピーターに州検事局を解雇された過去を持ちます。アリシアの弁護士復帰後、持ち前の行動力で、アリシアの強力なサポート役となります。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

『グッド・ワイフ』の視聴方法

2019年3月現在、『グッド・ワイフ』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

グッド・ワイフ無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

『U-NEXT』では、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1~7まで見放題配信中です。日本語吹き替え版にもシーズン1~7すべてに対応しています。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

Netflixでは、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1〜7まですべて見放題配信中です。日本語吹き替えにもシーズン1〜7すべてに対応しています。

『グッドワイフ』シーズン1のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン1のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話あらすじ記事はコチラ
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話あらすじ記事はコチラ
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話あらすじ記事はコチラ
第20話あらすじ記事はコチラ
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ
第23話この記事

また、シーズン2の1話はコチラから見られます。