映画『劇場』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

夢見る男女の悲しき恋愛物語。

今回は、映画『劇場』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『劇場』の作品概要

上映日2020年
上映時間136分
制作国日本
監督行定勲
原作又吉直樹『劇場』
脚本蓬莱竜太
音楽曽我部恵一
出演山﨑賢人/松岡茉優/寛一郎/伊藤沙莉/上川周作/大友律/井口理

『劇場』は、お笑い芸人でありながら、芥川賞を受賞した又吉直樹の長編小説を原作とした恋愛映画。

映画館での封切りと同時にAmazonプライムビデオでも配信開始するという異例の措置が話題を呼んだ。

公開後、すぐに、さまざまな有名人たちが称賛のコメントを寄せた。

『劇場』のあらすじ

永田は劇団「おろか」で、儚い夢を追い続けていた。

ある日、永田は服飾の勉強をする専門学生の沙希に出会う。

沙希は、社交性がなく、いつまでも成長しない永田のことを、心から応援していた。しかし、そんな2人の関係も永遠ではなかった。

登場人物紹介

永田(山崎賢人)


劇団「おろか」の脚本演出担当。売れている演劇を見下している。極度の人見知り。

沙希(松岡茉優)

服飾の勉強をする専門学生。純粋で、面倒見が良い。

野原(寛一郎)


永田の中学時代の同級生。劇団「おろか」所属。

青山(伊藤沙莉)


劇団「おろか」の元団員。

小峰(井口理)


新進気鋭の劇団「まだ死んでないよ」の座長。永田と同い年。

[出典:https://gekijyo-movie.com/]

『劇場』のネタバレ

この先、『劇場』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

【起】沙希との出会い

売れない劇団「おろか」の脚本演出家である永田は、あてもなく散歩していた。そんなとき、1人の女性と目が合う。女性はすぐに立ち去るが、永田は何を思ったのか、女性の後をつける。

永田の不器用なナンパを女性は気味悪がるが、なりゆきで2人はカフェに行くことになった。

女性の名は沙希。女優を目指して上京し、服飾の専門学校に通う学生だった。沙希と永田は、連絡先を交換して、その日は別れた。

 

その後、劇団「おろか」から3人の団員が脱退した。脱退の理由は、劇団の将来性のなさであった。残るは永田と、共に劇団を立ち上げた中学の同級生、野原の2人だけだった。

永田は、次の公演の脚本すら書けず、ただぼんやりと暮らしていた。

絶望の中、永田は、メールで咲希をデートに誘う。一度は断られたかと思ったが、沙希は、永田の誘いを快諾した。それから2人は交流を深め、交際が始まった。明るく健気な沙希の存在は、永田にとっての数少ない、生活の彩りであった。

【承】同棲のはじまり

永田は、東京で暮らす男女の物語『その日』を書き上げた。物語に描かれる女は、沙希をモデルにしていた。永田は沙希に、自分の劇に出演することを頼む。永田の脚本に心打たれていた沙希は、とまどいつつもオファーを引き受ける。

沙希の演技は人々を惹きつけた。『その日』の公演は、日が経つにつれ、観客が増えていった。しかし、相変わらず永田に金はなく、永田は沙希の家に転がり込むようになった。

同棲が始まったが、永田は家賃はもちろん、食費も光熱費も、沙希に払わなかった。永田は沙希の愛情に甘えていた。

それでもお人好しで純粋な沙希は、永田に怒らなかった。「ここが一番安全な場所だよ」そう言って、沙希は、永田を甘やかした。

【転】依存関係

ある日、沙希は同じ学校に通う男性から原付きバイクを貰う。永田は、顔も知らぬ男に嫉妬した。沙希は永田の嫉妬に気づかず、いつも通りおどけてみせた。しかし、沙希は冷淡な永田に愛想を尽かす。これ以降、2人の愛は冷え始めていく。

後日、永田は沙希の原付きバイクを破壊した。沙希には、事故に遭ったと嘘をついたが、このことは沙希を、永田の予想以上に傷つけた。

永田は落ち込み、しばらく学校にも行かなくなる。さすがの永田も罪悪感を覚え、自転車を買い、2人は仲直りした。

 

沙希は学校を卒業した。それから朝昼はアパレルショップで、夜は居酒屋で働くという、働き詰めの生活を始めた。永田は、元劇団員の青山から紹介されたライターの仕事で僅かながら金を稼ぐようになった。

永田は、自分の作業に集中できるよう、一人暮らしを始める。一人暮らしを始めたが、永田は夜中に沙希の家を訪れるということが頻繁にあった。

【結】これから

ある夜、永田が沙希のアパートを訪れると、沙希はいなかった。メールの返信もなかったので、沙希の働く居酒屋に向かった。

居酒屋には、永田の同期で、新進気鋭の劇団「まだ死んでないよ」のメンバーがいた。店員は「沙希はすでに帰宅した」と言った。

永田が再び、沙希のアパートに向かうと、沙希の自転車が置いてあった。永田は自転車のベルを鳴らし、沙希を呼び出す。

 

永田は沙希を自転車に乗せ、2人で桜を見に行く。無言の沙希を相手に、永田はひたすら話し続けた。

沙希は、夢見がちな永田を好ましく思いながらも、将来のことを考え、永田とは別れることになった。沙希は実家に戻ることになった。

引っ越しの直前、永田と沙希は、『その日』の脚本を2人で読んだ。物語と今の2人の状況が奇妙に重なって、複雑な思いがこみ上げた。2人は脚本のセリフのように、互いへの想いを語った。最後に、永田は、猿のお面をつけおどけてみせた。

『劇場』の感想

私は『劇場』を観て、とてもセンスのないタイトルを思いつきました。『どうしようもないふたり』です。似たようなタイトルのおもしろい映画はありましたが、『どうしようもないふたり』は観たくないですね。

では、どうして「どうしようもないふたり」を描いた本作が、大ヒットを呼び、名実ともに名作たりえたのでしょうか。

私はその理由を、本作で描かれる役たちのリアルな描写が、観客の心に潜む意識を引きずり出し、直接メッセージを訴えかけてくる点にあると思います。役者さんの演技力も、又吉直樹さんの描写力も素晴らしいものです。

誰もが夢を持ちながら成長し、大人になるにつれそれを捨てていきます。そのサイクルから逃れられず、それでも必死に抵抗する永田の姿は、どうしても応援したくなるものです。