映画『崖の上のポニョ』のあらすじと感想|ネタバレあり

崖の上のポニョ アニメ

人間になりたい魚の子・ポニョと5歳の少年・宗介の交流を描いた『崖の上のポニョ』 。

あらすじと感想、作品情報などをご紹介していきます。

『崖の上のポニョ』のあらすじ

映画『崖の上のポニョ』のあらすじを結末まで解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。 (※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

宗介、ポニョと出会う

好奇心の旺盛な宗介は、海辺の町の崖の上の家に住んでいます。父の耕一は貨物船の船長で家を留守にしがちなので、母のリサと2人で暮らしていました。リサは、耕一の忙しさを理解しながらもモールス信号で文句を言うなど、彼が帰ってこないことに不満を抱いています。

ある日、海の女神の母と魔法使いの父を持つ魚のポニョは、クラゲに乗って家出をします。ポニョは人間の住む港に近づいた時に、海に捨てられた瓶に挟まって溺れかけてしまいます。宗介は海岸に打ち上げられていたポニョを見つけて彼女を救い出し、そのまま飼うことにしました。

宗介は、ぽにょっとした体形のこの魚の子を「ポニョ」と名付けました。彼女は宗介がケガをしたときに血を舐めたので、半魚人になる力を得ました。やがて、宗介とポニョは惹かれ合っていきます。

命の水

ポニョがいなくなったことに気付いた父のフジモトは、ポニョは海底に連れ戻します。彼は海底にある家の井戸に、「命の水」を蓄えていました。この井戸が満杯となると、人間の時代が終わって、再び海の時代が始まるというのです。

ポニョはもう一度宗介に会いたいと思い、逃げ出すことを決心します。しかしその時、ポニョは「命の水」が溜まる井戸に海水を注ぎ込んでしまいました。

ポニョ、人間になる

「命の水」はポニョの周りに溢れ出し、ポニョは人間の姿に変身します。そしてポニョは強い魔力を得てしまったため、激しい嵐を起こしました。

一方リサは、嵐の中宗介を乗せた車を必死に走らせて、崖の上の自宅に向かいます。人間になったポニョは、津波と魚の妹たちに乗って、再び宗介たちの前に現れました。宗介は彼女が魚のポニョであることに気づきます。ポニョは宗介に飛びついて抱きしめ、2人は再会を喜びます。

古い魔法を使う条件

フジモトは、ポニョが世界に大穴を開けたせいで世界が破滅すると慌てます。しかし、ポニョの母グランマンマーレは、ポニョを人間にしてしまえば、彼女の魔法がなくなると夫フジモトに伝えます。

ただし、それを可能とする古い魔法を使うことには条件がありました。それは「宗介のポニョへの愛が続くこと」でした。宗介のポニョへの気持ちが変わってしまったら、ポニョは泡となって消えてしまうというのです。

古い魔法の行使

翌朝、宗介とポニョは勤め先の老人ホームに行ったリサを追いかけます。その途中で、ポニョは魔力を使い果たして魚の姿に戻ってしまいます。そこにフジモトがやってきて、2人を海底へ連れて行きます。

そこには海底に沈んでしまった老人ホームがあり、リサとグランマンマーレが2人を待っていました。グランマンマーレは宗介の気持ちを確かめようと「心からポニョを好きになれるか」と尋ねます。そしてポニョにも「魔法を捨てて人間になっても良いか」と問います。

宗介とポニョが頷くと、グランマンマーレはポニョを人間にする古い魔法をかけました。そして彼女は5歳の少女に生まれ変わります。宗介とポニョは陸へと戻ってキスを交わしました。

『崖の上のポニョ』の感想

強い女性

本作の特徴は、なんといっても女性の描き方でしょう。夫が不在の間、家と宗介を守るリサは、ボーイッシュなショートヘアにきりっとしていて理知的な雰囲気を醸し出しています。いきなり現れたポニョを温かく迎えて自分の子供のように可愛がる、寛大な心の持ち主です。

ポニョの母の海の女神・グランマーレにも同じことが言えます。ポニョの父・フジモトはポニョが世界に大穴を開けたと慌てふためきます。ですが女神は平常心で威厳を保ち、フジモトを落ち着かせます。

海のことを「母なる海」と呼んだりしますが、海辺の街が舞台ということで、大海原のような心で人々を包み込む女性のイメージと海のイメージが繋がったのでしょうか。

恒例のジブリ飯

本作の「ジブリ飯」は、リサがポニョと宗介に振舞ったラーメンです。インスタントラーメンに、ハム・ねぎ・ゆで卵が乗っています。即席ラーメンということで、これまでのジブリ飯とは一味違った仕上がりになっています。

『魔女の宅急便』のニシンパイや、『となりのトトロ』のさつきのお弁当と比べると、かなりチープな印象です。ただ、このホームメイドのB級感に非常に温かみがあって、ポニョと宗介とリサの微笑ましいシーンによく合っていると思います。

ちなみに、ごま油を一回しするとより映画に出てくるラーメンの見た目と似て、味に深みが出るそうです。罪な食べ物ですが、夜食に食べたくなる一品です。

『崖の上のポニョ』の作品情報

created by Rinker
スタジオジブリ
¥3,631 (2020/08/07 01:28:14時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2008年7月19日
上映時間101分
制作国日本
ジャンル映画
監督宮崎駿
キャスト大橋のぞみ、天海祐希など
主題歌藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」

登場人物紹介

宗介(土井洋輝)

主人公の5歳の少年。好奇心旺盛で正義感が強く、ポニョを守ろうと奮闘します。夏目漱石『門』の主人公で、崖の下に住む野中宗助から名前が取られたと言われています。

ポニョ(奈良柚莉愛)

魚の女の子。外の世界に興味があり、家出をしてしまいます。グランマンマーレの血を引いているので、強力な魔力を持っています。

リサ(山口智子)

宗介の母。無鉄砲なところがありますが、寛大で優しい性格です。デイケアサービスセンターで働いています。

グランマンマーレ(天海祐希)

海の女神で、ポニョの母。ポニョの人間化を否定しないで広い心で受け止めます。フジモトは彼女に頭が上がりません。

フジモト(所ジョージ)

ポニョの父。かつては人間でしたが、人間の攻撃的なところに嫌気がさして、今は海とともに生きる魔法使いです。

[出典:http://www.ghibli.jp/ponyo/]