映画『アナと雪の女王2』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

大ヒットディズニー映画『アナと雪の女王』の続編で、エルサの力の秘密を探る壮大な冒険を描いた映画『アナと雪の女王2』

今回は、映画『アナと雪の女王2』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法・サウンドトラックをご紹介します。

『アナと雪の女王2』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥2,373 (2020/09/30 01:28:23時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年11月22日
上映時間103分
制作国アメリカ合衆国
監督クリス・バック/ジェニファー・リー
脚本ジェニファー・リー/アリソン・シュローダー
音楽クリストフ・ベック
楽曲クリステン・アンダーソン=ロペス/ロバート・ロペス
主題歌イディナ・メンゼル/松たか子「イントゥ・ジ・アンノウン」
声の出演イディナ・メンゼル/クリステン・ベル/ジョナサン・グロフ/ジョシュ・ギャッド/スターリング・K・ブラウン/エヴァン・レイチェル・ウッド/アルフレッド・モリナ
声の出演 (日本語吹替版)松たか子/神田沙也加/原慎一郎/武内駿輔/吉田羊/松田賢二

主題歌「レット・イット・ゴー」と共に全世界で大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』の続編。前作の3年後を舞台に、不思議な歌声に導かれて旅に出たアナとエルサの姉妹が、エルサの持つ魔法の力の秘密を解き明かすため、未知の世界で冒険を繰り広げる。

前作『アナと雪の女王』の詳細はコチラ

『アナと雪の女王2』のあらすじ

かつて、真実の愛によって姉妹の絆を取り戻したエルサとアナ。それから3年後、アレンデール王国の女王となったエルサは、アナ、クリストフ、そしてオラフと共に幸せな日々を過ごしていた。

しかしある日、エルサにしか聞こえない不思議な “歌声” に導かれ、アナとエルサはクリストフとオラフと共に、アレンデール王国を離れて未知なる世界へ行く。それは、エルサの “魔法の力” の秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった。

登場人物紹介

エルサ(英語版声:イディナ・メンゼル/日本語版声:松たか子)

アレンデール王国の女王。触れるものすべてを凍らせる魔法の力を持つ。一度は “雪の女王” として孤立するが、妹アナの協力によって力をコントロールできるようになり、現在はアナと共に王国を治めている。物静かで慎重に考えて行動するタイプだが、勇気と諦めない心を持っている。

アナ(英語版声:クリステン・ベル/日本語版声:神田沙也加)

アレンデール王国の次女。姉のエルサとは対照的に、明るく楽観的で、少しおっちょこちょいな性格。大好きな姉と王国を救うため、危険を顧みずに命がけの冒険に飛び込む大胆かつ勇敢で情熱的な女の子。姉を救う旅でクリストフと喧嘩をしながらも惹かれ合う。

オラフ(英語版声:ジョシュ・ギャッド/日本語版声:武内駿輔)

かつてエルサによって作り出された、夏に憧れる陽気な雪だるま。無邪気で人懐こく、おしゃべりでハグが大好き。今はアナたちの大切な仲間であり、今回も一緒に危険な旅に出る。仲間思いで、みんなを楽しくさせるムードメーカー。手や顔のパーツが取れやすい。

クリストフ(英語版声:ジョナサン・グロフ/日本語版声:原慎一郎)

少々荒っぽく無骨で山男だが、広い心と勇敢な心、一本筋の通った正義感を持つ。前作でアナを手助けして旅を共にする中で惹かれ合う。現在は、王国御用達の氷の納入者として働いている。相棒のトナカイ、スヴェンとはいつも一緒で、トロールたちとも仲良し。

スヴェン

クリストフの相棒の忠実なトナカイ。子供のころからクリストフと寝食を共にしてきた。好物はニンジン。言葉は話さないが、クリストフが勝手にスヴェンの気持ちを代弁することがある。

イドゥナ王妃(英語版声:エヴァン・レイチェル・ウッド/日本語版声:吉田羊)

アレンデール王国の王妃でアナとエルサの母親。夫のアグナル国王と共に船の事故に遭い亡くなる。

マティアス中尉(英語版声:スターリング・K・ブラウン/日本語版声:松田賢二)

アレンデール王国の兵士のひとり。忠誠心が強く、アレンデール王国を守るために尽くしてきた。

[出典:ディズニー公式]

『アナと雪の女王2』のネタバレ

この先、『アナと雪の女王2』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

魔法の森の話

アレンデール王国で、アナエルサがまだ幼かった頃のある夜、ふたりは父親のアグナル国王から北のはてにある “魔法の森” の話を聞きます。

魔法の森は「風・火・水・大地」の4つの精霊によって守られていました。そこではノーサルドラという民族が森のめぐみを受けながら暮らしていました。ノーサルドラとアレンデール王国は友好関係を結び、アナとエルサの祖父・ルナード国王は森の中にダムを建設しました。

しかし、突然ノーサルドラの人々が攻撃を仕掛け始め、ルナード国王は亡くなります。戦いに激怒した森の精霊たちが人々を襲います。その場にいたアグナル少年は謎の歌声を聴きながら誰かに助けられ、国王の位を継ぎます。それから森は不思議な霧に覆われ、誰も外に出られなくなりました。

魔法の森がふたたび目覚めることが怖くなったアナとエルサに対し、母のイドゥナ王妃は過去のことを何でも知っている不思議な川・アートハランの子守歌を聴かせます。

アレンデール王国の危機

エルサがアレンデール王国の女王になってから3年後の秋、アナと雪だるまのオラフをはじめ、人々は平和に暮らしていました。クリストフはアナにプロポーズしようとしていましたが、いつも言い出せずにいました。

エルサは不思議な歌声を聞くようになります。ある夜、エルサが未知の世界から呼びかける歌声に惹き寄せられる思いを歌い上げると、風・火・水・大地の結晶が周囲に現れます。北の空が光ったかと思うと、次の瞬間、結晶が降り落ちます。

すると、アレンデール王国中の街灯の火、噴水や滝の水が消え、風が暴れ始めます。次は大地もなくなってしまうと気づいたエルサは、国民を崖の上に避難させます。 国民は全員無事に避難することができました。

エルサは「森の精霊を起こしてしまった」とアナに打ち明けます。そこへ、クリストフの友達のトロール・パビーが現れ、過去の過ちを正さなければ、アレンデール王国の未来はないと占います。エルサはアナとオラフ、クリストフ、トナカイのスヴェンと一緒に歌声の主を探しに行きます。

不思議な歌声に導かれ魔法の森へ

アナとエルサ、クリストフ、エルサはスヴェンが引く馬車に乗って北のはてにある魔法の森へ向かいます。エルサが再び不思議な歌声を聞くと、そこには霧で包まれた魔法の森がありました。エルサが手をかざすと霧の中に入ることができました。一同は不思議な風に押されて、森の中へ入ります。

森の中には、かつてアレンデール王国が建設したダムがありました。オラフはみんなとはぐれている時、風の精霊が作り出した竜巻の中に飲み込まれ、他のみんなも巻き込まれます。

エルサは魔法の力を使って竜巻から出ようとするときに、一瞬だけアレンデール王国とノーサルドラが争う過去を見ます。

エルサが竜巻から解放されると、氷で過去の記憶が形になりました。その中には若かりし父アグナルがノーサルドラの女の子に助けられている姿がありました。アナはオラフが「水が記憶を持つ」と言っていたことを思い出します。オラフは仲良くなった風の精霊にゲイルという名前をつけました。

ノーサルドラの人々

エルサたちの前に、ノーサルドラの人々と、34年間森に閉じ込められていたマティアス中尉率いるアレンデール王国の軍隊が現れ、攻撃を始めようとします。エルサは魔法の力で氷を張って阻止します。オラフはアナとエルサの物語を寸劇で説明し、エルサは両者に争わないでほしいと説得します。

そこへ紫色の火の精霊が現れ、森の木々を燃やし始めます。アナはひとり火を消そうとするエルサを助けようと炎の中に飛び込みます。クリストフはスヴェンに乗ってアナを救出します。エルサは火の精霊を追い込むと、その正体は背中に火のついたサラマンダー(ヒトカゲ)でした。

エルサがおびえるサラマンダーのブルーニを手なづけると、火はおさまります。ノーサルドラの人々にアナとエルサが母親からもらったスカーフがノーサルドラのものだと言われ、ふたりは母親イドゥナがノーサルドラで父親ルナードの命を助けたのだと気づきました。

アナとエルサの母親がノーサルドラの人間だと知り、女首長のイエレナを始めとするノーサルドラの人々はふたりを歓迎します。ふたりは森を自由にし、アレンデール王国を救うと誓います。オラフ、クリストフもノーサルドラの人々と仲良くなります。

さらに北へ進むアナとエルサ

エルサはノーサルドラのハニーマレンに、自然界の魔法と人間たちの架け橋となる “第5の精霊” の存在を教えられます。第5の精霊は不思議な魔法の川・アートハランだけが知っていました。

一同が休んでいた場所へ、石でできた巨人・アースジャイアントが近づいてきます。アナはクリストフが出ていったと聞いて、クリストフを置いてエルサとオラフと一緒に歌声の主を探しに北へ向かいます。

その頃、クリストフはノーサルドラの青年・ライダーに協力してもらい、たくさんのトナカイを使った演出でアナへプロポーズしようとしていました。しかし、アナたちがすでに遠くへ出発してしまったことを聞いてクリストフはスヴェンと一緒に落ち込みます。

 

アナとエルサ、オラフは北の森で、両親が乗っていた難破船を見つけます。船はダークシー(Dark Sea)から流されてきたのでした。アナは船の中で防水の箱に入っていた地図を見つけます。両親はダークシーを超えて、不思議な魔法の川・アートハランに行こうとしていたのでした。

エルサは魔法の力で、船に残っていた水の記憶を氷で形にします。それは、両親がエルサの魔法の力の源を探るためにダークシーに飲まれてしまった最期を表していました。エルサは危険なダークシーをひとりで超えると言って、アナとオラフを氷でできたボートに乗せて追い払います。

アートハランで明らかになる過去の真実

アナとオラフは氷のボートに乗ったまま川に流され、大地の精霊・アースジャイアントが眠る谷に入り込んでしまいました。 ふたりがアースジャイアントに気づかれないように岩穴に入ると、滝の中に落ちてしまいました。ふたりは川から上がって、出口の見えない洞窟を歩きます。

一方、エルサは北のダークシーに着きます。エルサは氷を自在に操って、荒れ果てる海を越えようとしますが、馬の形をした水の精霊・ノックに行く手を阻まれます。エルサは氷で手綱を作り出し、ノックを乗りこなすことに成功します。

エルサはノックに乗って海上を走り、そのまま氷に覆われたアートハランへたどり着きます。 エルサは不思議な歌声に懐かしさを感じながら、氷の洞窟の中を進みます。 エルサはそこで自分が “第5の精霊” だと知ります。

 

エルサはアートハランの地下深くに入っていきます。すると、祖父ルナード国王が魔法を操れるノーサルドラを恐れてノーサルドラの首長を殺してしまった真実を知ります。

しかし同時に、エルサは体が凍りついてしまいました。エルサは凍りつく前に、遠くにいるアナのもとへ氷でその真実を伝えます。

アナは祖父の過ちにショックを受けながらも「ダムを壊してアレンデール王国を洪水から守る」という使命に気づきます。アナとオラフは洞窟の出口を見つけますが、オラフの氷が溶け始めます。アナはエルサが危険な状態にあることを悟ります。アナは消えゆくオラフを抱きしめます。

ひとり立ち上がるアナ

アナは大切なエルサとオラフを失い、ひとり悲しさに打ちひしがれていました。アナは「どんなときもやるべきことをやる」というマティアス中尉の言葉を思い出し、なんとか一歩進もうと立ち上がります。

アナは洞窟から出ることに成功し、眠っていたアースジャイアントを起こします。アナは追いかけてくるアースジャイアントをダムの方へ誘導します。アナがアースジャイアントに潰されそうになったとき、スヴェンに乗ったクリストフが助けます。クリストフはアナをダムに連れていきます。

アナはルナード国王が裏切った真実をマティアス中尉に伝え、ダムを壊すことに協力してもらいます。アースジャイアントが岩を投げつけ、ダムが破壊されていきます。アナが決壊するダムに落ちそうになったところを、マティアス中尉とクリストフが助けます。

再び平和が訪れる

ダムが決壊すると、5つの精霊が復活します。エルサの氷も溶け、海に沈みそうになったところを水の精霊・ノックに助けられます。一方で、ダムから大量の水がアレンデール王国に押し寄せようとしていました。アレンデール王国の国民は避難していた崖の上からその様子を見つめます。

そこへノックに乗ったエルサが水上を走り、大量の水が押し寄せる前に巨大な氷のバリケードを張って城を守ります。こうして、アレンデール王国の火や水、風、大地が元通りになりました。魔法の森の霧も晴れ渡り、解放された人々や動物たちは喜び合います。

アナはまだエルサがいなくなったと思っており悲しんでいました。しかし、海の向こうからノックに乗ったエルサが現れ、ふたりは抱き合います。エルサは溶けたオラフの氷で再び、オラフを作り出します。そして、クリストフは念願がかなってアナにプロポーズし、アナはそれを受け入れます。

 

アナはエルサの代わりに、アレンデール王国の女王になります。アレンデール王国に戻ってきたマティアス将軍は思い続けていたハリーマと再会します。アナはアレンデール王国の中心に両親の銅像を建てます。

アナは風の精霊・ゲールに手紙を託すと、ノーサルドラの森にいたエルサが受け取ります。エルサは第5の精霊として生きる道を選びました。エルサはアナとやり取りしながら、魔法の森でノーサルドラの人々や精霊たちと自由に暮らすのでした。

『アナと雪の女王2』の感想

前作よりもさらに壮大な自然を感じる映像の美しさに圧倒されました。主題歌の「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」を始めとする音楽の迫力もすごかったですね。

エルサの力の秘密とアレンデール王国の過去を知るための壮大な旅で、アナとエルサがそれぞれ試練に立ち向かってさらにたくましくなっていく姿に感動しました。

前作でアナの元カレで悪者だったハンス王子をいじったり、クリストフがひとり置いていかれて80年代風のミュージックビデオのように歌うシーンがあったりコメディ要素もたくさんあって面白かったです。大人から子供まで楽しめる作品です。

『アナと雪の女王2』の視聴方法

『アナと雪の女王2』はDVDの購入やレンタル、ディズニーデラックスなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『アナと雪の女王2』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ視聴不可500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス有料レンタル770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

『アナと雪の女王2』のサウンドトラック

主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」をはじめ、「アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック」には劇中で使われた楽曲が英語版と日本語版で収録されています。

『アナと雪の女王2』のオリジナル・サウンドトラックに収録されている曲が、劇中どのシーンで使われたかをまとめました。

created by Rinker
¥2,183 (2020/09/30 01:28:24時点 Amazon調べ-詳細)
『アナと雪の女王2』のネタバレを一部含んでいるためご注意ください
No.楽曲名(日本語タイトル)劇中シーン
1魔法の川の子守唄イドゥナ王妃がアナとエルサに歌ってあげる子守唄
2ずっとかわらないものアレンデール王国でアナがオラフと一緒に歌い出す
3イントゥ・ジ・アンノウン謎の歌声に惹かれてエルサが歌い出す
5トナカイのほうがずっといい~恋愛編~ひとり残されたクリストフがスヴェンに歌いかける
6恋の迷い子アナに置いていかれたクリストフがMV風に歌う
7みせて、あなたをアートハランにたどり着き真実に迫るエルサが歌う
8わたしにできることひとりになってしまったアナが洞窟で立ち上がる
9イントゥ・ジ・アンノウン(エンドソング)エンディング

 

主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」は、劇中とエンディングで歌い手が異なります。日本語版では、エルサの声を担当した松たか子が劇中歌を歌っており、劇中シーンと一緒に公開されています。

エンディングに流れるテーマソングは、19歳で大抜擢された新人アーティスト中元みずきがパワフルに歌い上げています。

また、「アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック スーパー・デラックス版」には、日本語版・英語版の楽曲に加えて、楽曲のカラオケ音源・本編未収録楽曲・インストゥルメンタルが収録されています。