洋画好きにおすすめの動画配信サービス3選|選ぶポイントまで解説

洋画のおすすめ動画配信サービスアイキャッチ 動画配信サービス情報

昔はレンタルビデオ店に行っていた洋画好きな方も、今では動画配信サービスで外へ出ずに洋画を見れます。

しかし、洋画を扱っている動画配信サービスはとても多いです。

「動画配信サービスが多すぎて、どれが洋画好きに合ってるかわからない!」
「洋画好きにおすすめの動画配信サービスを教えてほしい!」

このように考えている方が多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では洋画好きにおすすめの動画配信サービス3つと洋画好きが動画配信サービスを選ぶ10のポイントについて解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

洋画好きのための動画配信サービス比較表

洋画好きのための動画配信サービス比較表は以下のとおりです。

サービス名月額料金(税込)無料体験期間洋画見放題作品数洋画吹替作品数最高画質ダウンロード
U-NEXT2,189円31日間約4,000作品約950作品4K
Amazonプライムビデオ550円30日間約800作品約400作品4K
dTV550円31日間約800作品約300作品4K
FODプレミアム977円1ヶ月約380作品不明HD
Hulu1,026円2週間約360作品約130作品フルHD
Netflix880~1,980円なし不明不明4K
Paravi1,018円2週間不明不明HD

続いては、この中から特に洋画を見るのにおすすめな動画配信サービスを見ていきましょう。

洋画好きにおすすめの動画配信サービス3選

洋画好きにおすすめの動画配信サービスは以下の3つです。

それぞれの動画配信サービスについて詳しく見ていきましょう。

U-NEXT:圧倒的な作品数


U-NEXTは14万作品以上が見放題になる動画配信サービスです。洋画の見放題作品数も他のサービスを圧倒しています。

U-NEXTの特徴は以下のとおりです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

洋画見放題作品数:約4,000作品

U-NEXTの洋画見放題作品数は約4,000作品です。これは他のサービスを圧倒する数です。

そして、吹き替え作品も約950作品です。

料金:月額2,189円(税込)

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込)です。

U-NEXTでは一部の作品を見るためには別途料金が必要ですが、洋画の見放題は約4,000作品あるので、見放題作品だけでも十分楽しめます。

無料体験期間:31日間

U-NEXTの無料体験期間は31日間です。

無料体験期間では別途料金が必要な作品に使える600ポイントも付与されます。

画質・音質:4K対応/良い

U-NEXTは多くの作品がフルHDに対応しており、一部の作品は4Kにも対応しています。

そして、音質も良く、最新のドルビーアトモスに対応した作品もあります。

検索機能:細かいジャンル分けが便利

U-NEXTではジャンルが細かく分けられているので、作品を探す時に便利です。

たとえば、洋画は以下のジャンルに分けられています。

  • U-NEXT独占作品
  • ドラマ
  • アクション
  • SF
  • サスペンス・ミステリー
  • コメディ
  • ラブストーリー・ラブコメディ
  • ホラー・パニック
  • ファンタジー・アドベンチャー
  • ミュージカル・音楽
  • 戦争
  • 史劇
  • ドキュメンタリー
  • アニメ
  • クラシック
  • アジア
  • R指定

また、作品を見終わると次に見るおすすめ作品を提案してくれます。

Amazonプライムビデオ:さまざまなサービスがついてくる


AmazonプライムビデオはAmazonが提供する動画配信サービスです。動画配信サービスのほかにも音楽聴き放題など、さまざまなサービスがついてくることが魅力です。

Amazonプライムビデオの特徴は以下のとおりです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

洋画見放題作品数:約800作品

Amazonプライムビデオの洋画見放題作品は約800作品です。月額550円で洋画が800作品も見れるので、かなりコスパが良いと言えます。

そして、吹き替え作品も約400作品あります。これもかなり多い数です。

料金:月額550円(税込)

Amazonプライムビデオは月額550円(税込)です。

Amazonプライムビデオでも一部の作品を見るためには別途料金が必要ですが、800作品は自由に見れるので見放題作品だけでも十分に楽しめます。

無料体験期間:30日間

Amazonプライムビデオの無料体験期間は30日間です。

学生の場合、無料体験期間が6ヶ月になるので、学生の方にはかなりお得なサービスと言えます。

画質・音質:4K画質/普通レベル

Amazonプライムビデオでは多くの作品がフルHDに対応しており、一部の作品は4Kにも対応しています。

Amazonプライムビデオの音質は普通レベルです。

検索機能:サジェストが便利

Amazonプライムビデオではサジェストが便利です。

サジェストとは、あなたに合った作品を提案してくれる機能です。Amazonプライムビデオはサジェスト機能が優秀なので、あなたに合った作品を効率的に見つけていくことができます。

探す手間がなくなるのはとても便利ですよね。

dTV:高いコスパ


dTVは月額550円(税込)で12万作品以上が見放題になるコスパの高い動画配信サービスです。

dTVの特徴は以下のとおりです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

洋画見放題作品数:約800作品

dTVの洋画見放題作品数は約800作品です。月額550円で洋画が800作品も見れるのはかなりコスパが高いと言えます。

吹き替え作品も約300作品あります。

料金:月額550円(税込)

dTVの月額料金は550円(税込)です。

dTVでも一部の作品を見るためには別途料金が必要ですが、800作品は自由に見れるので見放題作品だけでも十分に楽しめます。

無料体験期間:31日間

dTVの無料体験期間は31日間です。

この間は一切お金がかからないのでお得です。

画質・音質:HD対応/微妙

dTVでは多くの作品がHD画質に対応しています。

音質は微妙ですが、月額料金が安いので、これは仕方がないことでしょう。

検索機能:普通

dTVの検索機能に特筆すべきことはありません。

しかし、普通に作品を探す分には問題ありません。

洋画で動画配信サービスを選ぶ10のポイント

洋画で動画配信サービスを選ぶ10のポイントは以下のとおりです。

この中でも特に大事なのは太字にした4つのポイントです。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

【重要】ポイント①:無料体験で自分に合ったサービスか確認する


動画配信サービスを選ぶ時に一番大切なポイントは無料体験をすることです。

ひとりひとり自分に合った動画配信サービスは違うので、どの動画配信サービスが自分に適しているか知るには実際に使ってみるのが一番です。

Netflix以外のほとんどの動画配信サービスには無料体験期間があるので、まずは無料体験期間で自分に合ったサービスか確かめてみましょう。

【重要】ポイント②:自分の見たい作品があるサービスを選ぶ


結局のところ、自分の見たい作品がある動画配信サービスを選ぶのが大切です。

JustWatchというサイトでは映像作品がどの動画配信サービスで配信されているか確かめることができます。

このサイトで見たい作品を5つ程度調べてみて、もっとも多くの作品が配信されていた動画配信サービスを選ぶとあなたに合った動画配信サービスを見つけられることでしょう。

【重要】ポイント③:見放題本数が多い動画配信サービスを選ぶ


特別見たい作品がない場合は、見放題作品数が多い動画配信サービスで選ぶのが良い手です。

配信されている動画が多ければ、それだけあなたの好みにあった洋画が見つかる可能性が高いです。主要な動画配信サービスの中で、特に見放題作品数が多いものは以下の3つです。

サービス名見放題作品数
U-NEXT約4,000作品
Amazonプライムビデオ約800作品
dTV約800作品

【重要】ポイント④:コスパが高いサービスを選ぶ


動画配信サービスを選ぶ上でコスパも見逃せません。同じくらい魅力的なサービスがあったら、最終的にはどちらが安いかで決めるといいでしょう。

特にAmazonプライムビデオdTVは価格が550円(税込)と安いのにも関わらず、洋画の配信本数が多いので、特にコスパの高いサービスと言えます。

ポイント⑤:画質・音質が良いサービスを選ぶ


洋画を見る時に画質や音質を気にする方は、画質・音質が良いサービスを選ぶと良いでしょう。

現在、もっとも高い画質は4Kですが、どの動画配信サービスでも4K動画の配信本数はごくわずかです。画質が良い動画配信サービスかどうかは、「フルHDに対応しているかどうか」で決めるといいでしょう。

ちなみに、2020年4月現在の主要動画配信サービスの画質の対応状況は以下のとおりです。

サービス名画質
4K
(2160p)
フルHD
(1080p)
HD
(720p)
SD
(480p)
U-NEXT
一部作品のみ
Netflix
(プレミアムプラン)

一部作品のみ
Amazonプライムビデオ
一部作品のみ
dTV
一部作品のみ
Hulu
FODプレミアム

また、音質は5.1ch以上のサラウンドに対応しているかどうかで音質が決まります。主な動画配信サービスの対応状況は以下の表のとおりです。

サービス名5.1ch以上のサラウンド対応
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム不明
Hulu
Netflix
Paravi不明

ポイント⑥:吹き替え作品が充実しているサービスを選ぶ


「洋画を吹き替え版で見たい」という場合は吹き替え作品が充実している動画配信サービスを選ぶと良いでしょう。

主要動画配信サービスの中でも、特に吹き替え作品が多いものは以下の3つです。

サービス名吹替作品数
U-NEXT約950作品
Amazonプライムビデオ約400作品
dTV約300作品

ポイント⑦:検索機能が優れているサービスを選ぶ


検索機能が優れているサービスを選ぶのもひとつの手です。

特に、以下の要素を備えている動画配信サービスは検索機能が優れているため、あなたの見たい作品を見つけやすいでしょう。

  • ジャンル分けが細かい
  • これまでに視聴した作品からおすすめ作品をサジェストしてくれる

ポイント⑧:新作がすぐに配信されるサービスを選ぶ


「新作の洋画をいち早く見たい」という方は新作がすぐに配信されるサービスを選ぶと良いでしょう。

U-NEXTdTVなどは新作の洋画をいち早く配信してくれますよ。

ポイント⑨:ダウンロード視聴が可能なサービスを選ぶ


洋画を移動時間で見ることが多い方は、ダウンロード視聴が可能なサービスを選ぶと良いでしょう。

ダウンロード機能があれば、ダウンロードした動画をWifiがない環境でもサクサク視聴できます。

主要な動画配信サービスのダウンロード機能対応状況は以下の表のとおりです。

サービス名ダウンロード
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム
Hulu
Netflix
Paravi

ポイント⑩:対応デバイスが多いサービスを選ぶ


動画配信サービスを選ぶ時には、対応デバイスを確認するのも大切です。

スマホ・タブレット・パソコンはどの動画配信サービスでも対応しているので問題ありません。

しかし、ゲーム機やテレビの場合は動画配信サービスが対応していない場合もあるので注意が必要です。

洋画好きにおすすめの動画配信サービスのまとめ

洋画好きのための動画配信サービス比較表は以下のとおりです。

サービス名月額料金(税込)無料体験期間洋画見放題作品数洋画吹替作品数最高画質ダウンロード
U-NEXT2,189円31日間約4,000作品約950作品4K
Amazonプライムビデオ550円30日間約800作品約400作品4K
dTV550円31日間約800作品約300作品4K
FODプレミアム977円1ヶ月約380作品不明HD
Hulu1,026円2週間約360作品約130作品フルHD
Netflix880~1,980円なし不明不明4K
Paravi1,018円2週間不明不明HD

この表からわかる、洋画好きに特におすすめの動画配信サービスは以下の3つです。

洋画で動画配信サービスを選ぶポイントは以下の10個です。