映画『ファインディング・ニモ』のあらすじ・感想・ネタバレ

映画

2016年には続編の『ファインディング・ドリー』が公開されて、再び注目を集めた『ファインディング・ニモ』。

今回は、映画『ファインディング・ニモ』のあらすじ・作品概要・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『ファインディング・ニモ』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,211 (2020/03/30 16:06:03時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2012年9月15日
上映時間100分
制作国アメリカ合衆国/オーストラリア/フィリピン
監督アンドリュー・スタントン
脚本アンドリュー・スタントン/ボブ・ピーターソン
音楽トーマス・ニューマン
主題歌ロビー・ウィリアムズ「ビヨンド・ザ・シー」
出演木梨憲武/室井滋/宮谷恵多/小山力也

オーストラリアのグレートバリアリーフを舞台に、離れ離れになったカクレクマノミの親子が再会する物語。カクレクマノミやナンヨウハギなどの色鮮やかな魚や、アオウミガメやサメなど大型の海洋生物までが登場する。

『ファインディング・ニモ』のあらすじ

オーストラリアのグレートバリアリーフの海で、カクレクマノミのマーリンとその息子のニモは暮らしていました。ニモは片方のヒレが小さくて上手く泳げないので、マーリンは心配で仕方ありません。

そんなとき、ニモがダイバーにさらわれてしまいました。ニモを助けるべく、マーリンは旅の途中で出会ったドリーとともに、ニモを探します。

登場人物紹介

マーリン(声:木梨憲武)

ニモの父親。心配性で、いつもニモの身の回りの世話をしている。ダイバーに連れ去られたニモを探す旅に出る。

ニモ(声:宮谷恵多)

好奇心の強い男の子。ダイバーに捕まったあと、歯医者の水そうに入れられる。

ドリー(声:室井滋)

おしゃべりが好きなナンヨウハギ。人間の文字が読めるが、忘れっぽいのが難点。

クラッシュ(声:小山力也)

150歳のウミガメ。クラゲに刺されて気を失ったマーリンとドリーを、シドニーまで連れて行く。

[出典:https://kids.disney.co.jp/character/marlin.html]

『ファインディング・ニモ』のネタバレ

この先、『ファインディング・ニモ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ニモとマーリン

オーストラリアにあるグレートバリアリーフの海の中で、カクレクマノミのマーリンは、妻のコーラルと卵の世話をしながら、子供たちの誕生を待ちわびていた。

しかし、その前に大型の魚に襲われ、マーリンが気を失っている間にコーラルと卵は食べられてしまった。マーリンは、たったひとつだけ残った卵を大切に育て、生まれた子供に「ニモ」と名付けた。

 

6歳になったニモは、過保護なマーリンに少し困っていた。初めて学校に登校した日、ニモは遠足に行くことになる。不安でいっぱいのマーリンは、遠足にもついてきてしまったため、ニモと言い争いになる。

ニモは、1人でもやっていけることをアピールするために船に近づくと、ダイバーに見つかって観賞用の魚として捕らえられてしまった。

シドニーへ

マーリンはニモを取り戻すため、ニモを乗せた船を見たというナンヨウハギのドリーと共に、船を追いかける。そんな時、マーリンはダイビングマスクを見つけるが、誤って深海に落としてしまった。

マーリンがそれを取りに行くと、チョウチンアンコウに襲われそうになる。ドリーがチョウチンアンコウの明かりを利用して、マスクに書いてあった字を読んだところ、「シドニー ワラビー通り シャーマン」と書いてあることがわかった。そして2人は、シドニーに向かうことにする。

死んだニモ

一方で、ニモはダイバーのフィリップが経営する歯医者にある水槽に入れられた。そして、そこで暮らす7匹の鑑賞魚達(タンク・ギャング)と出会う。

彼らの話によると、魚を乱暴に扱ってすぐ死なせてしまうという、フィリップの姪のダーラの誕生日に、ニモがプレゼントされるのだという。

 

シドニーに向かっていたマーリンとドリーは、群れていた魚にシドニーへの行き方を教えてもらうが、途中でクラゲの大群の中で刺されて気を失ってしまう。

運良くアオウミガメのクラッシュとその群れに救われた2人は、彼らの甲羅の上に乗り海流に乗ってシドニーの港に到着する。

ペリカンのナイジェルの協力でフィリップの歯科治療所に到着したマーリンとドリーは、そこへ来ていたダーラから逃れるために死んだふりをしていたニモを見つける。

マーリンは、ニモが死んでしまったと勘違いし落胆した。そして2人は海に戻り、ドリーと別れたマーリンは家へと泳ぎ始める。

成長したニモ

一方、ニモはタンク・ギャングたちの協力で歯医者から脱走し、海でドリーと出会う。彼女に案内してもらい、ニモはマーリンとの再会を果たす。

しかし、今度はドリーが漁の網に掛かかってしまう。そこで、ニモは大量に網にかかっている魚たちに下に泳ぐよう呼びかけ、皆を網から出すことに成功した。

その後、マーリンとニモはドリーと共にグレートバリアリーフに帰り、彼らに平和な日常が戻ったのだった。

『ファインディング・ニモ』の感想

海の中の描写が本当に綺麗でした。水が動いて差し込む光がゆらゆら揺れるところや、色とりどりの生き物が精巧に描かれていて、自分も海の中にいる気分になりました。

一方で、グロテスクな深海魚が非常にリアルに描かれているのも、明るい部分との対比になっていると感じました。サメやチョウチンアンコウは、見ているだけでも怖かったです。

そんな時でも、いつも通り明るく振る舞うドリーに助けられた感じがありました。また、この冒険を通して成長したのは、ニモではなくマーリンの方だと思います。ニモのたくましさが証明されましたし、今後マーリンは子離れするのだと予想できます。

『ファインディング・ニモ』の視聴方法

『ファインディング・ニモ』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年2月現在、『ファインディング・ニモ』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム視聴不可1,100円
ディズニーデラックス無料レンタル770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。