映画『英国王のスピーチ』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

2010年のイギリス・オーストラリア・アメリカ合作の歴史ドラマ映画『英国王のスピーチ』。

今回は、映画『英国王のスピーチ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『英国王のスピーチ』の作品概要

created by Rinker
¥945 (2020/07/09 05:59:26時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2010年
上映時間118分
制作国イギリス・オーストラリア・アメリカ
監督トム・フーパー
脚本デヴィッド・サイドラー
音楽アレクサンドル・デプラ
出演コリン・ファース/ジェフリー・ラッシュ/ヘレナ・ボナム=カーター/ガイ・ピアース/ティモシー・スポール/デレク・ジャコビ

第83回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞などを受賞したのを手始めに、世界各地の映画賞で、合計63個の賞を獲得。主演のコリン・ファースは、アカデミー賞だけでなく、ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を受賞している。

『英国王のスピーチ』のあらすじ

吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が、周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでの実話に基づく感動作。

登場人物紹介

ジョージ6世(コリン・ファース)

吃音に悩む英国王。

ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)

言語療法士。

エリザベス妃(ヘレナ・ボナム=カーター)

ジョージ6世のお妃。

エドワード8世(ガイ・ピアース)

ジョージ6世の兄。

ウィンストン・チャーチル(ティモシー・スポール)

イギリスの政治家、軍人、作家。

『英国王のスピーチ』のネタバレ

この先、『英国王のスピーチ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

吃音に悩むジョージ6世

ジョージ6世は幼い頃から吃音の悩みを抱えています。そのため、人前に出ることが苦手で、自分に自信を持てずにいました。

英国王である父・ジョージ5世は厳しく、ジョージ6世にことあるごとにスピーチをさせようとしました。当時の英国ではラジオが普及しており、国民は「国王の声」を欲していたのです。ジョージ5世が息子に対してスピーチの機会を与えていたのは、そのような背景もあってのことでした。

しかし、次男のジョージ6世は、長男のエドワード8世が王位を継承すると考えていたので、王位に対しては消極的でした。一方、吃音は直したいという思いがあります。

言語療法士・ライオネルとの出会い

何人もの医師の治療を受けましたが、吃音は改善しません。ある日、妻のエリザベスがジョージを言語療法士のライオネルの元に連れて行きます。ライオネルはジョージを対等に扱い、変わった診療をおこないます。

ジョージはライオネルの診療をまだ信じられません。「音楽の流れるヘッドフォンをつけて、シェイクスピアを朗読しろ」と言われたジョージ。いったんはチャレンジしますが、すぐに「ライオネルの治療は自分には合わない」と告げます。

立ち去ろうとするジョージに、ライオネルは録音した朗読のレコードをジョージに渡します。帰ってそのレコードを聴いてみると、なんと自分の声はまったくどもっていませんでした。ジョージは、再びライオネルの診療を受けることになります。

国王ジョージ5世の崩御

1936年、国王ジョージ5世がなくなり、長男のエドワード8世が即位しました。

ところが、エドワードは2度の離婚歴があるアメリカ女性・ウォリスと交際していました。これは、当時の王家としては許されないことでした。エドワードは、王位を取るかウォリスを取るかの選択を迫られ、ウォリスを選びました。

王位を退いたエドワードの代わりに、ジョージが王位に就きます。

ジョージ6世のスピーチ

ヒトラー率いるナチス軍がイギリスに開戦を宣言し、第二次世界大戦が始まりました。

ジョージは緊急ラジオ放送で、イギリス全土の国民に向けてスピーチをすることになりました。ジョージは緊張しますが、傍らにはライオネルが付き添っています。自信を得たジョージは、スピーチを成功させます。

ジョージは、エリザベスや2人の娘と共に、バルコニーから国民に向けて手を振ります。その姿を、ライオネルが傍らで見守っていました。

『英国王のスピーチ』の感想

後の王になる人が、身分も文化も全く違う環境で育った肩書のない言語療法士に、吃音の矯正をお願いしたのには驚きました。しかも、この言語療法士のライオネルは、自分の診療所にいる時はジョージに対等に接するという度胸もすごいなと感心しました。

後にイギリスの王となるジョージが、吃音という障害を持ちながら、それを克服しようと努力する姿に感動しました。大戦下という時代背景で、王というプレッシャーの中、戦争へと向かう歴史的なスピーチにこのような裏の事実があったとは大変驚きです。

また、エリザベス妃や2人の娘など、家族たちの暖かいサポートがあったからこそ、ジョージは吃音を克服し、国民に愛される王になったのだろうなと想像します。