dTVの特徴|実際に使ってわかった5つのデメリットと9つのメリット

動画配信サービス情報

「dTVってどんなサービスなの?」
「dTVは私に合ったサービスなの?」

このように思っていませんか?

そこで、この記事では実際にdTVを使ったことがある私が、dTVの特徴からデメリット・メリットまで徹底解説します。

dTVがあなたにおすすめかもわかるようになっているので、ぜひご覧ください。

dTVの特徴


dTVはdocomoが運営する動画配信サービスです。

以下のような特徴があります。

dTVの特徴
  • 月額料金は550円(税込)で最安値レベル
  • 配信作品数は12万作品で国内最大級
  • 31日間の無料体験期間もある
  • 特に音楽系のコンテンツが充実している
  • 会員数も国内トップレベル

一言で言えば、dTVはかなりコスパの良いサービスです。

DVDレンタル店で数本レンタルする程度の価格で映像作品が見放題になるのは革命的です。

ちなみに、dTVは以前は携帯のキャリアがdocomoの人しか加入できませんでしたが、現在では誰でも加入できるようになっています。

31日間の無料体験期間もあるので、あなたに合った動画配信サービスか、一度試してみるのがおすすめです。

dTVの5つのデメリット


dTVには以下のような5つのデメリットがあります。特に重要なものは太字で表示しています。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:家族で使うには不便!

dTVは家族で使うにはやや不便なサービスです。

なぜなら、家族で共有するのに便利な、以下の2つの機能がないからです。

  • 同時視聴
    別々のデバイスで違う作品を同時に見れる機能
  • アカウント分け
    視聴履歴やマイリストをひとりひとり別々に管理できる機能

たとえば、同時視聴ができると、お父さんがパソコンで映画を見ている時に、お母さんがスマホでドラマを見ることもできます。

ただ、dTVが月額550円(税込)であることを考えると、家族で共有するのに不便なのは仕方がないことでしょう。

家族で共有して映像作品を見たい人には、以下のようなサービスがおすすめです。

家族で共有するのに便利なサービス

デメリット②:有料レンタル作品もある!

dTVには有料レンタル作品もあります。

有料レンタル作品とは、視聴するのに月額料金とは別に料金が必要な作品のことです。

dTVでは人気作や最新作の場合に有料レンタル作品に指定されていることが多いです。

しかも、dTVでは下のグラフのように、有料レンタル作品が多くあります。


[出典:https://xera.jp/entry/dtv]

ただ、これもdTVが月額料金550円(税込)のサービスである以上、仕方のないことと言えます。

ちなみに、「有料レンタル作品があるのはどうしても嫌だ」という場合はNetflixがおすすめです。

Netflixでは配信されている全作品が月額料金だけで見放題だからです。

デメリット③:画質は微妙!

dTVの画質は特別悪いわけではありませんが、「画質が悪い」という評判が多いのも事実です。

これはdTVの作品の中に、低い画質でしか配信されていないものがあるからだと考えられます。

高い画質でも配信されている作品は、ほかの動画配信サービス同じくらい良い画質で見れます。

dTVの対応画質をほかの主な動画配信サービスと比較すると、以下の表のようになります。

サービス名画質
4K
(2160p)
フルHD
(1080p)
HD
(720p)
SD
(480p)
U-NEXT
一部作品のみ
Netflix
(プレミアムプラン)

一部作品のみ
Amazonプライムビデオ
一部作品のみ
Disney+
一部作品のみ
Rakuten TV
一部作品のみ
dTV
一部作品のみ
DAZN
Hulu
ビデオマーケット
FODプレミアム
Paravi
dアニメストア
TELASA

ちなみに、dTVの画質については以下の記事で詳しく解説しています。

dTVの画質アイキャッチ

dTVの画質は悪い?|画質が悪い原因と対処法・設定方法まで解説

2020年2月23日

そして、画質に強いこだわりがある人は、以下のような動画配信サービスを使うのがおすすめです。

画質が良い動画配信サービス

デメリット④:支払い方法が少ない

dTVは支払い方法が少ない動画配信サービスです。

具体的には、以下のような支払い方法しかありません。

dTVの支払い方法
  • ドコモケータイ払い
  • クレジットカード
    • Visa
    • Mastercard
    • JCB
    • American Express

クレジットカードを持っていない人は、以下のような動画配信サービスを利用すると良いでしょう。

支払い方法が豊富なサービス

デメリット⑤:dTVチャンネルと紛らわしい

docomoはdTVに加えて、dTVチャンネルというサービスを運営しています。

名前も似ていて紛らわしいのですが、それぞれのサービス内容は以下のとおりです。

  • dTV:スマホやパソコンで借りれるレンタルビデオ店
  • dTVチャンネル:スマホやパソコンで見れるテレビ

dTVチャンネルはAbemaTVなどと同じように、CSなどで放送されている約30の専門チャンネルがリアルタイムで見れるサービスです。

dTVの9つのメリット


dTVには以下のような9つのメリットがあります。特に重要なものは太字で表示しています。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:月額料金が最安値レベル!

dTVの最大のメリットは月額料金が550円(税込)で最安値レベルだということです。

dTVの料金をほかの主な動画配信サービスと比較すると、以下の表のようになります。

サービス名月額料金(税込)
Amazonプライムビデオ500円
dTV550円
FODプレミアム977円
Paravi1018円
hulu1,026円
U-NEXT2,189円
Netflix880~1,980円

dTVの料金はAmazonプライムビデオの次に安いことがわかります。

動画配信サービスの月額料金の相場は1,000円程度なので、その半分程度の料金で良いのはとてもお得ですよね。

メリット②:12万作品以上を配信!

dTVでは12万作品以上を配信しています。これは動画配信サービスとして最大級の配信作品数です。

月額料金が最安値レベルなのに、配信作品数は最大級のdTVはトップレベルにコスパの良いサービスと言えます。

dTVは特に音楽系コンテンツや韓流ドラマが豊富です。

これらのコンテンツが好きな人にはこれ以上ないサービスと言えます。

メリット③:31日間の無料体験期間がある

dTVには31日間の無料体験期間があります。

お金を払わずにdTVが自分に合ったサービスなのか確かめられるのはかなりお得ですよね。

ちなみに、無料体験期間中はdTVの見放題作品を完全に無料で楽しむことができます。

そして、無料体験期間中に解約すれば、一切料金が請求されることはありません。

メリット④:特典がもらえることがある

dTVでは特典として、抽選でdポイントがもらえます。

dTVでは加入期間に応じて会員ランクが存在します。そして、これらのランクごとに毎月10人限定でドコモポイントがもらえるのです。

ドコモポイントは有料レンタル作品の購入などに使えます。

会員ランクともらえるポイントは以下の表のとおりです。

会員ランク期間もらえるポイント
ブロンズ会員初回入会から31日間(無料体験期間)500ポイント
シルバー会員有料会員になってからすぐ1,000ポイント
ゴールド会員有料会員になった翌々月の1日から3,000ポイント
プラチナ会員有料会員になった5ヶ月後の1日から5,000ポイント

ただ、dTVの会員数は数百万人いるので、当たる確率はかなり低いです。

メリット⑤:ダウンロード視聴ができる

dTVではダウンロード視聴ができます。

そのため、あらかじめ動画をダウンロードしておけば、Wifiのない外出先でも通信量を気にせずに映像作品を楽しむことができます。

ただ、dTVはダウンロード視聴であっても、最初にライセンス認証のために通信を行う必要があります。ダウンロードしても、完全なオフラインでは視聴できないので注意が必要です。

ちなみに、dTVのダウンロード機能については以下の記事で詳しく解説しています。

dTVの便利機能全まとめ|ダウンロード、連続再生、リクエストなど

2020年6月15日

メリット⑥:倍速で再生できる

dTVには倍速で再生できる機能が実装されています。

倍速で再生できると短時間で多くの作品を楽しめるので効率的です。

具体的に選択できる再生速度は以下のとおりです。

  • 標準
  • 1.2倍
  • 1.5倍

ただ、再生速度を変更できるのはスマホアプリだけです。パソコンでは再生速度を変更できないので注意が必要です。

メリット⑦:アプリが使いやすい

dTVはほかの動画配信サービスに比べてアプリが使いやすいと評判です。

ホーム画面

検索画面

再生画面

直感的に操作できますし、おすすめ作品も表示してくれるので、快適に使えます。

ちなみに、dTVのアプリのUIはAmazonプライムビデオのアプリのUIとかなり似ていたりします。

メリット⑧:オリジナル作品が面白い

dTVではふつうの作品に加えて、オリジナル作品も配信しています。

そして、dTVのオリジナル作品は面白いと評判です。

ちなみに、dTVのオリジナル作品のうち、主なものは以下のとおりです。

dTVのオリジナル作品
  • 花にけだもの
  • 闇金ウシジマくん
  • キスマイ どきどきーん!
  • 彼氏をローンで買いました
  • 銀魂 -ミツバ篇- など

dTVでは国内ドラマ系のオリジナル作品が多いです。

メリット⑨:特に音楽系コンテンツが豊富

dTVでは特に音楽系コンテンツが豊富です。

ライブ映像やカラオケ映像などが豊富に見られます。

dTVの音楽コンテンツに対する力の入れようはすさまじく、音楽系コンテンツだけで7万作品以上を配信しているほどです。

ちなみに、dTVが音楽系コンテンツに力を入れているのは、dTVを運営しているのがdocomoとエイベックスだからです。

dTVを使ってみた感想


dTVを使ってみて、何より感じたのはコスパの良さです。

1ヶ月あたりの料金が1,000円を超えてくると、ちょっと躊躇してしまうのですが、500円程度であれば「払ってもいいかな」という気持ちになります。

そして、その500円程度で何万作品もの映像作品が見れるのですから、とてもお得に感じます。

無料体験期間で自分に合ってるか確かめられるのも良かったです。一度は入って損しないサービスだと思います。

dTVがおすすめな人


dTVは以下のような人におすすめです。

dTVがおすすめな人
  • とにかく安い動画配信サービスが良い人
  • 音楽系コンテンツが大好きな人
  • ダウンロードして外でも映像作品を見たい人

また、dTVのオリジナル作品が見たい人も、dTVに登録するのがおすすめです。

dTVのオリジナル作品はもちろんdTVでしか配信されていません。

dTVはおすすめできない人


dTVは以下のような人にはおすすめできません。

dTVはおすすめできない人
  • 高画質・高音質で映像作品を楽しみたい人
  • 動画配信サービスを家族で共有して使いたい人
  • クレジットカードをもってない人

ちなみに、高画質で映像作品を楽しみたい人や家族で共有して使いたい人にはU-NEXTがおすすめです。

dTVの特徴のまとめ

dTVは月額料金500円(税込)と動画配信サービスとして最安値レベルのサービスです。

配信作品も12万作品以上と豊富であり、特に音楽系コンテンツは多く配信されています。

そんなdTVには以下のようなメリットとデメリットがあります。

ちなみに、dTVの評判については以下の記事で詳しく解説しています。

dtv口コミ評判アイキャッチ

評判悪い? dTVの口コミ・評判を100件集めて検証してみた

2020年4月9日

そして、dTVがおすすめな人とdTVをおすすめできない人はそれぞれ以下のとおりです。

dTVがおすすめな人
  • とにかく安い動画配信サービスが良い人
  • 音楽系コンテンツが大好きな人
  • ダウンロードして外でも映像作品を見たい人
dTVはおすすめできない人
  • 高画質・高音質で映像作品を楽しみたい人
  • 動画配信サービスを家族で共有して使いたい人
  • クレジットカードをもってない人

dTVがあなたに合っているか確かめるには、実際に体験してみるのが一番です。

dTVには31日間の無料体験期間がありますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。