映画『ダイナー』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

フードクリエイターやフラワーデザイナーなど、数々の芸術家によって創り上げられた『ダイナー』。

今回は、映画『ダイナー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『ダイナー』の作品概要

created by Rinker
¥4,228 (2020/12/06 09:49:50時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年7月5日
上映時間119分
制作国日本
監督蜷川実花
原作平山夢明『ダイナー』
脚本杉山嘉一
音楽大沢伸一
主題歌DAOKO/MIYAVI「千客万来」
出演藤原竜也/玉城ティナ/窪田正孝/本郷奏多/真矢みき/斎藤工

命がゴミのように扱われる、殺人者専用の食堂「ダイナー」での殺し合いが描かれる。ほんの出来心で怪しいバイトに手を出したカナコは、使い捨てのウェイトレスとしてダイナーに売られてしまった。

店では、次々とやってくる殺し屋たちによる殺戮(さつりく)が繰り返され、カナコはそれに巻き込まれていく。

『ダイナー』のあらすじ

バイトをして日々を過ごしているカナコは、あるとき「即金30万」という怪しいバイトを見つける。憧れの地であるメキシコへの旅費に多額の金が必要だったカナコは、軽い気持ちでバイトを引き受けた。しかし、その後カナコは殺し屋専門の食堂・ダイナーに売り飛ばされてしまった。

ダイナーの絶対的な支配者であるボンベロと取引をし、何とか一命をとりとめたカナコは、ダイナーでウェイトレスとして働き始める。そこにやってくる数々の殺し屋と関わりながら、カナコは困難を乗り越えていく。

登場人物紹介

ボンベロ(藤原竜也)

殺し屋専門の食堂(ダイナー)に君臨するシェフ。元殺し屋だが、殺し屋を束ねる組織のトップ・デルモニコに料理の才能を買われ、殺し屋を辞めた。

カナコ(玉城ティナ)

幼いころ母親に捨てられ、祖母に育てられた少女。ある日、怪しいバイトに手を出したことがきっかけで、人生が大きく変わる。

スキン(窪田正孝)

全身が傷でおおわれている凄腕の殺し屋。ボンベロのスフレを食べるために生きている。

キッド(本郷奏太)

少年のような見た目をしているサイコパスの殺し屋。カナコの命を狙っている。

無礼図(真矢みき)

無礼図(ぶれいず)。殺し屋をまとめる組織の幹部。目的のためには手段を選ばない冷酷な人物。

 

[出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/about.html#chara]

『ダイナー』のネタバレ

この先、『ダイナー』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ダイナーのウェイトレス

カナコは、人生に期待や夢を抱くことなく、日雇いのバイトをして過ごしていた。そんな時、カナコはネットで「即金30万」という怪しげなドライバーのバイトを見つけ、引き受けることにする。

約束の時間に現れたのは、1組の男女だった。カナコは、指示通り2人を車に乗せて走り出すが、ほどなくして追手から銃撃され、捕まってしまう。そして、3人は山奥に連れて行かれ、縄でしばられたうえに拷問を受けた。

3人は謎の液体で満ちた穴の上に吊るされ、ブタ男にいたぶられる。命乞いをした男女は、液体の中に落とされてしまった。それを見たカナコは、「私には料理ができる!だから殺さないで!」と必死にブタ男に訴えた。

 

ブタ男に殴られて気を失ったカナコは、目を覚ますとある食堂にいた。そこは、殺人者だけが訪れる「ダイナー」という場所だった。カナコは、ダイナーのウェイトレスとして売られたのだ。

元殺し屋でダイナーの店主・ボンベロは、カナコがミスをするとすぐに殺そうとする。そんな緊張感のある状況に耐えられなくなったカナコは、食糧庫の金庫に保管されていた「ディーヴァ・ウォッカ」を隠した。

そして、「ディーヴァ・ウォッカの在り処が知りたいなら、私を殺さないで」とボンベロに交渉する。ディーヴァ・ウォッカは1億円以上の価値があるものであるため、ボンベロはしぶしぶ了承した。

不穏な空気

最初にやってきたのは、全身傷だらけのスキンという殺し屋だった。その次に、教授と呼ばれる老人と、キッドと呼ばれる少年がやって来る。カナコが食糧庫で酒を探していると、キッドが「教授に殺されるから助けて」と言いに来た。

カナコはその姿に心を動かされるが、カナコは返事をする前にボンベロに連れて行かれる。その間に、キッドは敵の殺し屋を殺していた。

キッドは、人殺しのためにホルモン注射や整形で子供の姿になっていたのだった。ボンベロは、キッドに死体を片づけるように言う。

 

ある日、店を管理する組織の一時的なトップであるコフィから電話がかかってきた。この組織は、デルモニコという人物が実権を握っていたが、1年前に事故死したため、今はコフィが実権を握っている。組織を継ぐには、ボスの証となる指輪が必要だが、指輪は盗まれていた。

コフィは、組織幹部である「東のマテバ」「西のマリア」「北の無礼図」「南のコフィ」の懇親会の準備と、そこで出すディーヴァ・ウォッカの用意をボンベロに命じる。そんな時、マテバはデルモニコの死について疑問を抱き、コフィを問い詰めた。そして、何者かに殺されてしまった。

カナコの危機

ボンベロの外出中、ボンベロの愛犬・菊千代と留守番をしていたカナコは、店の電話に出た。それはボンベロからの電話で、「キッドが来るから待たせておけ」とのことだった。しばらくしてキッドがやってきたとき、ボンベロから再び電話が来る。

カナコは、ボンベロにキッドが来た旨を話すが、ボンベロはそのことを知らないと言った。なんと、声真似ができるキッドが、カナコを殺すためにボンベロになりすまして電話をしたのだった。

カナコに襲い掛かるキッドに、菊千代が噛みついたところで、ボンベロが帰ってきてキッドは店から逃げた。

そんなとき、怪我を負ったスキンが来店する。マテバに頼まれ、デルモニコを殺害した黒幕を探っていたのだった。スキンは、「いざという時は、ボンベロを守ってやって欲しい」とカナコに頼み、飴の缶をカナコに渡した。

真相

幹部の懇親会の日。カナコは、ボンベロの前で食糧庫の金庫を開ける。実は、ディーヴァ・ウォッカを隠したというのはウソで、本当はすぐに金庫に戻していたのだ。

懇親会は着々と進んでいくが、幹部たちの頭の中は、「自分が組織の正式な跡継ぎになること」「指輪の在り処を知ること」でいっぱいだった。無礼図は、「何か情報を知らないのか」とボンベロに詰め寄る。

その様子を見ていられなくなったカナコは、スキンから渡された飴の缶を差し出した。中には、デルモニコの指輪と、「コフィ」と書かれたメモが入っていた。デルモニコの殺害は、組織のトップを狙っていたコフィによるものだったのだ。

 

それを知ってコフィに襲い掛かったマリアを、無礼図が殺す。さらに、無礼図はコフィの口にディーヴァ・ウォッカを注ぎながら銃殺した。そして、ボンベロに「私のもとで働かないか?」と持ちかける。

しかし、デルモニコに育ててもらったボンベロは、申し出を拒否した。そして、無礼図とボンベロの殺し合いが始まった。

決着

扉を壊しながら、無礼図たちはボンベロとカナコに迫る。ボンベロは、カナコを食糧庫へ続く廊下に逃がし、菊千代と2人で時間を稼いだ。

そして、ボンベロは部屋にガスを充満させて火を付け、無礼図らをひるませ、カナコと食糧庫に向かう。ボンベロは、食糧庫の排気口からカナコを逃がそうとしたのだった。

カナコが逃げる前、ボンベロは口座番号と暗証番号のメモが入ったネックレスを渡し、「お前と過ごした時間は面白かった」と伝える。

カナコは、「私が店を開いたら、ボンベロの席を用意する」と言い、ボンベロにキスをしてから外に逃げた。そのとき、無礼図らがやってくるが、ボンベロは自爆装置を爆破させた。

ダイナー

それから、憧れの地・メキシコでダイナーを開いたカナコは、席を整えている。そして、聞きなれた足音を立てて、ボンベロがやってきた。カナコはボンベロに抱きつき、ボンベロはその背中に手を回した。

『ダイナー』の感想

まず驚いたのは、映像の鮮やかさです。マンガで読んだときは、裏社会をテーマにしているということで、汚くてグロいシーンが多い印象でした。しかし、ネオンが輝く映画版のダイナーはそれとは一線を画しています。

妖艶で鮮やかで、過激だけど美しく、毒々しい極彩色の世界は、どこを切り取っても絵になります。ストーリーももちろんですが、私は特にこの映像美に惹かれました。

美しいダイナーを作り上げているのは、世界的に認められているクリエイターたちです。ふんだんにつかわれた花や食べ物、彫刻は、非日常な事件が連発するダイナーという空間にぴったりだと思いました。組織幹部の懇親会の豪華さや、それをひっくり返して殺し合うシーンの迫力は圧巻です。

『ダイナー』の視聴方法

『ダイナー』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『ダイナー』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。