映画『デスノート』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版『デスノート』。

今回は、映画『デスノート』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『デスノート』の作品概要

created by Rinker
バップ
¥3,980 (2020/06/07 05:25:15時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2006年6月17日
上映時間126分
制作国日本
監督金子修介
原作大場つぐみ、小畑健「DEATH NOTE」
脚本大石哲也
音楽川井憲次
主題歌レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「ダニー・カリフォルニア」
出演藤原竜也/戸田恵梨香/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/満島ひかり/五大路子/中村育二/青山草太

「週刊少年ジャンプ」で連載された人気コミックを原作とし『デスノート』が実写映画化された。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画された。

演技派の俳優が起用され、2006年の劇場版『デスノート』は大ヒットを記録した。

『デスノート』のあらすじ

夜神月はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神のリュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。

犯罪者を裁く法律に限界を感じていた夜神月は、世の中を変えるため、ノートの力で犯罪者を次々と葬り始める。自らをキラと名乗るのだった。

一方、警察組織は世界的名探偵L(エル)を指揮者とし、キラを逮捕するために調査を始めた。 天才同士の戦い、求める世界の違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。

登場人物紹介

夜神月 ライト(藤原竜也)

官僚を目指していて、優秀で人柄もいい学生。デスノートを拾った事により徐々に人格が変わっていく。

夜神総一郎(鹿賀丈史)

日本捜査本部長でもある。仕事に熱意を抱き、人情に溢れる人柄で部下の信頼も厚い。

L(松山ケンイチ)

デスノート対策本部特別チーム特別捜査官。不思議な雰囲気を持っていて、ずば抜けた推理力を持っている。

リューク(声:中村獅童)

10年前デスノートを人間界に落とした死神。りんごが大好物。

ワタリ (藤村俊二)

「L」の執事。

秋野詩織(香椎由宇)

ライトの彼女。ライトとは長い付き合いで仲もよい。

南空ナオミ(瀬戸 朝香)

元FBI捜査官。レイの婚約者。

レイ・イワサキ(細川 茂樹)

FBI捜査官。正義感が強く、しっかりとしている。

[出典:http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/deathnote/]

『デスノート』のネタバレ

この先、『デスノート』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

キラ誕生の日

ライトは、司法試験にも合格する程の頭脳の持ち主であり、警視総監を目指している。ある日警察の極秘データシステムに不法に侵入し、法では裁き切れなく不起訴となっている凶悪犯達が沢山居る事を知った。

ライトは、釈放された元殺人者が「誰も俺を裁けない」と法廷で見せた精神患者の様に振る舞う姿を見て愕然したのだ。正義感が強く法で世間の凶悪犯を裁こうと勉強に励んでいたライトは、その事への限界を感じていた。

 

そんな絶望感の中、雨に打たれながら歩いていると一冊の黒いノートが落ちているのに気が付いた。おもむろにノートを手に取り、家へと持ちかえった。そのノートには「名前を書くだけで人を死に至らしめる」と記載されていた。

ライトはバカらしく思いながらも、偶然テレビに映っていた指名手配犯の名前をノートに書いた。すると、翌朝の新聞でライトがデスノートに書いた指名手配犯が心臓麻痺で死んだことを知った。

ライトは法で裁き切れない凶悪犯や指名手配犯を次から次へと「デスノート」に記入し殺害していった。世間の人々はライトを「キラ」と呼び、救世主と崇めていった。

死神の存在

ある日、ライトがデスノートが落ちていた場所へ行くとそこには「リューク」と名乗る死神が立っていた。リュークの姿が見えるのは、そのデスノートに触れたものだけだった。

ライトに「気に入ったようだな」と声を掛けた死神「リューク」は、デスノートの落とし主だったのだ。リュークは「ノートは、お前のものだ」「ノートが要らなければ他の者に回せ、その時はデスノートに関するお前の記憶だけは消させて貰う」と告げた。

そして、ライトは「デスノートに名前を書く人物の顔が頭に入っていないと効果が得られない」というルールがあることを知った。さらに、デスノートに以下のように、死因や殺す時間を設定できるという能力があった。

  1. ノートに名前を書かれた人間は死ぬ
  2. 名前を書いた後に人間界単位で40秒後に死因を書くとその通りになる。しかし、死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる
  3. 死因を書くとさらに6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる

Lの存在

その頃、相次ぐ不審死に日本の警察は頭を悩ませていた。不審死は海外にまで広がりを見せていた。そんな時警察本部に登場したのが、海外で難問事件を数々と解決してきた「L」と名乗る男だった。

「L」は最初の不審死が日本に集中していた事に目を付け、キラは日本に居ると予測したのだ。「L」は自分の推理によると、この凶悪犯連続不審死は天才的な1人の人間によって行われている卑劣な大量殺人だと言うのだ。

しかし警察は、世界各国で起きている不審死を1人の人間が行うことは不可能だと判断していた。そこで「L」は「ある方法でキラ一人の犯行である事を証明します、楽しみにしていてください」と言い放った。そして「L」を中心に捜査本部が開かれた。

警察の本部長はライトの父である夜神総一郎だった。その夜「L」により、世間を騒がせるキラの臨時情報がTVで放送されたのだ。そこに映し出されたのは「L」の替え玉として連れてこられた、その日付けで死刑になる予定の外国人だった。

 

「この放送は、全世界特別同時生中継で放送されます」とアナウンサーは言うが、本当は日本の一部の地域にしか放送されていなかったのだ。そして、テレビに映し出された偽物の「L」は、わざとライトを挑発するような言葉を投げかけるのだ。

ライトは、テレビに移っている偽物の「L」の名前をデスノートに書き殺害した。すると突如画面が切り替わり、画面には「L」の文字が映し出された。そして、画面越しのキラに向かって「驚いたな、キラお前は直接手を下さずに人を殺せるのか?」と言い放った。

さらに「L」はキラが関東地区に居る事まで言い当てた。ライトは「L」を殺そうとするが、姿と顔が見えないため殺す事が出来なかった。「L」は「キラお前を必ず捕まえ全ての謎を解き明かし、そしてお前を死刑台に送ってやる。私が正義だ!」と言った。

ライトはそれに対抗するように「僕こそが正義だ!悪に怯える弱気ものを救う新世界の神だ!その神に逆らう者それこそが悪だ」と呟くのだった。リュークは「正義と言いつつ殺し合う人間って面白い」と笑みを浮かべていた。

脅かされるキラの存在

「L」に恐れを覚えたライトは、捜査本部長である父親に「自分も捜査に協力させて欲しい」と頼みこんだ。しかしライトの父親は「お前を巻き込む事は出来ない」と言いライトの頼みを断るのだった。

「L」もキラの捜索に勢力を注いでいた。死亡推定時刻からキラが大学生である事も突き止めていたのだ。その事を知ったライトは「L」の推理の目をそらそうと、死亡推定時刻を事細かにデスノートに書き込んだ。

授業中でも人を殺すことができることを見せつけ、キラが大学生だという候補を消そうと試みるのだ。しかし、その事が逆効果となり「L」は、キラが死の時間を自由に操れる事を知ってしまう。

また捜査本部の情報がキラに筒抜けになっている事から身内にキラがいる可能性が疑われ出したのだ。

 

その頃ライトは、「L」の指図によりFBIに尾行されていた。リュークはライトに「死神は人の死を貰って生きている。だから、人の名前と死亡する年数が見える」と言ったのだ。

ライトは「自分の残りの寿命を半分差し出せば、その能力が手に入る。欲しくないか?」と誘惑するリュークの誘いを断り、自分の力で何とかしようとする。

停滞する捜査

捜査本部長であるライトの父親は、捜査に加わっている署員にキラがどんな人間かを話し「捜査から外れたい者は外れていい」というのだった。そして残った人数はたったの6人だった。しかし「L」は「それだけ要れば充分だ」と告げた。

「L」は隔離された安全な場所にいて顔を見せないため、署員達は「L」のことを信用していなかった。そしてついに「L」は残った捜査本部の者達の前に姿を現すのだった。

「L」は署員が自己紹介を始めると「私がキラなら皆さん死んでますよ、これからは不用意に名前を明かさない事です」「私の名前も竜崎と呼んでください」と言うのだった。

ライトの決意

ライトは「L」に自分の正体がばれるのを恐れており、疑いの目をそらすのに必死だった。デスノートに詳細に死亡事項を記入し、デスノートの力がどれ程のものか確かめたのだ。

ライトは自分を着け回しているFBIの存在を消すための方法を考えていた。ライトはデスノートを使い、その仲間とリーダーを殺害したのだ。そんな中、ライトを尾行し続けていたFBIのレイの婚約者の元FBI捜査官のナオミは、しつこくライトの事を疑っていた。

ライトへの捜査は厳しくなり、家の中に盗聴器や隠しカメラを備え付けられ監視された。しかし、リュークと共謀しカメラの死角を探し出しすのだった。

 

ライトはポテトチップスの袋の中に、小型テレビとデスノートの切れ端と鉛筆を忍ばせ、勉強をしているフリをして隠しカメラの目の前でテレビで放送されていた凶暴犯を殺害したのだ。頭の良いライトの作戦勝ちであった。

そしてライト疑いは晴れ、ようやく自由の身となった。

変化していく心

レイの婚約者ナオミはライトの恋人である詩織を使って、しつこくライトを追い詰めた。だがライトはデスノートを使い、全て筋書き通りの方法でナオミ、そして詩織までも犠牲にしてしまうのでだった。

ライトは詩織を犠牲にした事により、彼女を殺された悲しい彼氏を演じた。そして詩織の死を口実に父である総一郎に「キラに復讐したいから捜査本部に入れて欲しい」と頼みこんだ。 そしてついに本物の「L」と遭遇した。

ミサの存在

ちょうどその頃、アイドル界で有名なミサは、以前からストーカーされていたADに「一緒に死のう」と殺されかけていた。 ミサは叫び助けを呼んだ。その時ADは心臓発作を起こし死亡してしまうのだ。そしてミサの前に黒いノートが降ってきた。

『デスノート』の感想

『デスノート』は、前編となっており後編の「デスノート(the Last name)」へと続いていきます。前編では、デスノートを拾い正義の使い方を間違ったライトの心の様子や変化が巧妙に描かれていて刺激的な場面が多くありました。

デスノートというものは実際に存在していたら恐ろしいと考えさせられる映画でもありました。フィクションだからこそ感じられるハラハラ感やドキドキ感ある心理戦が見どころだと思います。

私が特に衝撃だったシーンは、自分の恋人までもをデスノートによって殺してしまうライトのすさんでいく心です。自分が恐ろしいほどの力を持ち、追われることへの恐怖を感じたときの人間の本性というものが垣間見えた気がします。

話は後半戦へと続いていきますが、前編だけでも見ごたえがあり『デスノート』の独特な世界観に魅了されていきました。

『デスノート』の視聴方法

『デスノート』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月15日現在、『デスノート』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

デスノートの後編

前編『デスノート』の続きは、後編「デスノート(the Last name)」へと続きます。