映画『舟を編む』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

三浦しをんの小説が元となっている映画『舟を編む』。

今回は、映画『舟を編む』の、あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『舟を編む』の作品概要

created by Rinker
松竹ホームビデオ
¥3,347 (2020/09/25 14:12:40時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2013年
上映時間133分
制作国日本
監督石井裕也
原作小説版『舟を編む』
脚本渡辺謙作
音楽渡邊祟
主題歌渡邊祟「それから」
出演松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/

この作品はたくさんの賞を獲得しており、日本の映画賞では第37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を始めとする6部門で最優秀賞に選定されています。

他にも、2013年には、日本映画製作者連盟によてアカデミー賞外国映画部門日本代表作品に選定されるなど、国内外問わず人気の高い作品となっています。

『舟を編む』のあらすじ


主人公の馬締(まじめ)は、とても真面目な人物でありながら、営業の職には向かず、会社内でも立場が弱かった。そんな彼の元へ、「辞書編集部に来ないか?」という声がかけられる。

辞書編集部についた馬締は、そこで辞書の奥深さを知り、辞書製作にどんどん深く携わっていくようになっていく…

登場人物紹介

馬締光也(松田龍平)

非常に真面目だが口数の少ない人物。本を読むことが好き。

林香具矢(宮崎あおい)

板前として働いている。女が板前をやることに対し、コンプレックスを抱えている。

西岡正志(オダギリジョー)

辞書編集部の一員。仕事に対してあまり精力的ではない。

岸辺みどり(黒木華)

今時感のある女性。辞書編集部に途中加入する。

[出典:https://www.asmik-ace.co.jp/lineup/1302]

『舟を編む』のネタバレ

この先、『舟を編む』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

馬締のスカウト

物語は、辞書編集部に所属している荒井が、辞書編集部を退職するところから始まります。

部長を務める松本にとって、荒井はかけがえのない人物でした。退職を引き留める松本に対し、荒井は「必ず私の代わりが務まる人物を連れてきます」と言い、人探しが始まります。

 

しかし、辞書編集部は出版社の中でも立場が弱く、荒井の話に耳を傾けてくれる人はいません。荒井が困っていると、馬締の噂が耳に入ります。

彼は大学院で言語学を学んでいたものの、営業は出来ず、社内では馬鹿にされていました。そんな彼に目をつけた荒井は、馬締に接触します。

彼はコミュニケーション能力こそ低かったものの、荒井が出した「『右』という言葉を説明してほしい」という難題に見事答えました。こうして、馬締は辞書編集部に加わることになりました。

大渡海

辞書編集部では、新しい辞書『大渡海(だいとかい)』の編纂事業が行われようとしていました。

この辞書には「今に生きる辞書」というテーマが定められており、らぬき言葉や本来の用途とは違う物の現代に定着している言葉など、今までの辞書ではあまり取り上げられていなかったものも取り上げる辞書になっています。

 

馬締はそんな松本の考えに感動し、辞書への情熱を持つようになります。辞書編集部の一員として、バリバリ業務をこなすようになった馬締でしたが、荒木がついに退職してしまいます。

悲しむ馬締でしたが、荒木から荒木が使っていた道具を託されると共に、励ましの言葉をかけられます。

香具矢との出会い

家に帰った馬締は、寮母のたけおばあちゃんから、一緒にご飯を食べようと誘われます。

 

馬締は、辞書を作るという仕事が思いのほか大変で、疲れ切っていました。そんな馬締に対し、「何か悩みでもあるのかい?」とたけおばあちゃんは尋ねます。

そんなおばあちゃんの問いに対し、馬締は「人の気持ちが分からず、自分の気持ちも上手く相手に伝わらない」ということを口にします。彼は同僚の西川との関係が微妙であることや、荒井が辞めてしまったことに心を痛めていたのです。

話を聞いたたけおばあちゃんは馬締に対し、「人の気持ちが分からないから人に興味を持つ。もっと自分から話しかけてごらん。」とアドバイスを送ります。

 

その日の夜、自室で馬締が作業をしていると、猫の鳴き声がどこからか聞こえてきました。馬締が猫の元へ向かうと、そこには一人の女性が猫を抱えて立っていました。彼女の名前は林香具矢(はやしかぐや)と言いました。

そんな彼女を見て、馬締は恋に落ちました。

恋煩い

香具矢に恋心を抱いた馬締は、仕事にも手がつかなくなっていました。そんな状況を見た松本は、辞書の中で「恋」の語釈を書くことを馬締に頼みます。

語釈を書くために香具矢のことをよく知る必要があると考えた松本たちは、馬締を連れて香具矢が働く飲食店に向かいます。彼女はそこで、板前として活動していました。

 

香具矢は、馬締と同じ寮に住むことになりました。共同生活が始まる中で、馬締は香具矢の仕事に対する思いを知ります。香具矢に対してさらに好意を抱いた馬締は、香具矢に対して手紙を書くことを決意します。

そんなあるとき、香具矢に遊園地に行こうと誘われます。観覧車の中で、馬締は香具矢から、「女が板前やるのって、おかしいと思う?」と聞かれます。彼女にとって、それは大きな問題でした。

彼女の質問に対し、馬締は「そんなことはない。僕は香具矢さんの作る料理が何よりも好きです。」と答えます。このやりとりから、香具矢もまた馬締に対して好感を持ち始めます。

大渡海の危機

ある日、西岡から「大渡海が中止になるかもしれない」という話題が持ち込まれます。辞書の人気は年々減少しており、そのために存続が危ぶまれたのです。

騒然とする辞書編集部でしたが、西岡によって策が考えられます。それは、外部に語釈を依頼することにより、辞書の製作を打ち切りづらくするというものでした。

西岡は、元々辞書の編纂事業に対し好意的ではありませんでした。そのため、辞書の編纂に熱心になっている馬締とはなんとなく反りが合わなかったものの、彼の熱心な姿勢に心動かされ、西岡もまた辞書の編纂に精力的に取り組むようになっていました。

 

そんな彼の活躍もあり、大渡海の編纂事業が打ち切られずに済みました。そのことを喜ぶ辞書編集部のメンバーでしたが、なぜか西岡の顔には陰りが見えていました。

この騒動の中、馬締は仕事の隙間時間を見つけては、香具矢に対する恋文を書いていました。ある日、恋文が西岡に見つかりました、中身を見て、西岡はとても驚きます。

それは、まるで昔の文のように達筆な文字で書かれており、常人には読むことすらままないものになっていました。しかし、そんな馬締の手紙を、「思いは伝わるから大丈夫」と励まします。

そして、馬締は香具矢に対し、緊張しながらも恋文を渡すことに成功します。

人間関係の変化

ある日、「西岡が辞書編集部を抜ける」という話を馬締は耳にします。本人に確かめてみたところ、その話は事実でした。

大渡海の存続条件として、西岡は広告部に異動させられることになっていたのです。

その話を聞いて馬締は「西岡さんがいなければこの辞書は完成しない」と深く悲しみます。そんな馬締を、西岡は優しく励まします。

 

西岡の件以外に、馬締には心配なことがありました。それは香具矢に渡した恋文のことでした。気になった馬締は、かぐやが仕事から帰ってくるのを玄関で待ち続けます。

家に帰ってきた香具矢は、少し怒っている様子でした。彼女は手紙がやはり読めず、そのため大将に代わりに読んでもらい、恥ずかしい思いをしたのです。

香具矢は馬締に対し、「口で直接言って欲しい」と要求します、困惑する馬締でしたが、動揺しながらも彼女への思いを口にします。

そんな馬締に対し、彼女もまた「私も…」と返します。こうして、2人の思いは繋がったのです。

13年後

13年後、たけおばあちゃんは亡くなっており、馬締と香具矢は夫婦となっていました。

変わらず大渡海の編纂を続けていた辞書編集部の元へ、新しい新人が入ってきます。彼女は岸辺みどり(きしべみどり)といい、元々雑誌の編集に関わっていました。

彼女は、元々辞書編集部に対し、良いイメージを持っていませんでした。さらに、実際の仕事が地味であったりとても長く続くものであったりしたことから、日に日に辞書製作に対して良いイメージを持てなくなります。

 

そんな彼女に対し、馬締は「岸辺さんは辞書作りに向いていますよ」と声をかけます。しかし、辞書製作に熱意が入らない岸辺は、彼の言葉の真意を読み取ることが出来ません。

ですがある日、彼女が仕事場に残って作業をしていると、西岡が姿を現します。彼と話してる中で西岡の過去の辞書編集部での様子を聞いた岸辺は、自分と照らし合わせ、少しずつ辞書製作にやる気を出していくようになります。

1年後

大渡海の編纂事業も、いよいよ大詰めに向かっていました。学生アルバイトを大量投入し、最終体勢へ向かっていきます。

馬締には、どうしてもこの大渡海を早急に完成させたい理由がありました。実は、ずっと辞書編集部を支えてきた松本がこのところ体調を崩すようになっており、彼の存命中には絶対に辞書を完成させたかったのです。

 

しかし、そんな馬締の元へ悲劇が起こります。辞書に入れる予定だった言葉の内、1つの単語が抜けていることが発見されたのです。そのため、作り直す必要が出てきました。馬締は学生アルバイトに対し、「泊まり込みで作業をしてほしい」と頼み込みます。

ざわめきが起こりましたが、馬締の辞書への熱い思いを知っていたアルバイトたちは、泊まり込みの作業を引き受けます。こうして、辞書製作への追い込みがかけられます。

 

そんな中で、ある日ついに松本が入院したという知らせが入ります。松本は食道がんになっており、もう余命があまりありませんでした。焦った馬締は、ボロボロになりながらも必死で作業を続けます。

 

そして、ついに13年の年月をかけた、大渡海が完成します。馬締は急いでその報告をするために、松本の元へ向かいます。

 

しかし、松本は辞書の完成を待たずして、この世を去っていました。

1年後

1年後、辞書の完成パーティーが開かれます。喜ばしい雰囲気ですが、松本の生前に辞書を作りきれなかったことに対しては、どうしても心残りがありました。

 

パーティーの最中、荒木に呼び止められます。そして、1通の手紙を渡されます。それは、死の直前に松本が書いた手紙でした。

手紙には、馬締への感謝の思いや松本の言葉に対する思いが述べられていました。その手紙を読んだ馬締は、また辞書を作っていこうという決意に満ち溢れます。

こうして、この物語は終わりを迎えます。

『舟を編む』の感想

辞書という物は馴染み深いものではありますが、辞書の製作ということをあまり深く知っている人は少ないと思います。決して派手なものではないその仕事を一生懸命やる馬締に、とても好感を覚えました。

そしてまた、それだけ辞書製作という、深く打ち込めるものを見つけることが出来た馬締に対して羨ましい気持ちになりました。

この映画は、小説が元になっています。「小説は好きだけど、映画はそんな好きじゃない…」という人も、この作品の世界観にははまれると思います。

『舟を編む』の視聴方法

『舟を編む』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年1月現在、『舟を編む』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。