映画『コードブルー』のあらすじと感想|ネタバレあり

邦画

山下智久と新垣結衣をはじめとしたキャストが、現実味のある医療や災害事故現場で活躍する『コードブルー』。

あらすじと感想、作品情報などをご紹介していきます。

『コードブルー』のあらすじ

映画『コードブルー』のあらすじ(ストーリー)を結末まで解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。 (※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

余命わずかの花嫁

脳外科医の藍沢は、スキルを高めるためにトロントに旅立ちました。藍沢のいない翔北救命センターでは、フェロー(若手医師)たちが成長し、リーダーの白石率いる救命チームがフライトドクターとして活躍していました。

ある日、乱気流により負傷者が多数出た航空機が、成田空港に緊急着陸するという連絡が入ります。白石たちはヘリで現場で向かうと、そこに藍沢が現れます。藍沢はトロントから一時帰国していて、偶然に成田空港にいたのです。

そして白石たちは彼の手を借り、負傷者多数の混乱した現場を乗り切りました。そこで、白石は少し気になる女性患者に遭遇します。様子を伺っていると、その女性は突然血を吐きました。彼女は、余命わずかの花嫁だったのです。

未知の死

富澤未知というその花嫁は、末期のがんに犯されていました。病状が悪いため、翔北救命センターで最期を過ごすことになります。彼女には彰生という婚約者がいましたが、彼は病気を知った途端に去ってしまいました。しかし、彼は再び未知のもとに現れます。

彼女は、自分の死後に彰生を悲しませることを恐れて、素直になれずにいました。担当医の緋山は、「悲観する必要はない」と言います。未知は彰生と結婚式を挙げることを決めますが、ようやく抑えることができた式場は1ヶ月先です。それは、未知に残された時間を考えると厳しいものでした。

 

未知の担当看護師の冴島は、同僚の藤川との結婚を控えていましたが、あまり前向きではありませんでした。そして1週間後に迫った自身の結婚式の会場を未知達に譲ります。未知達は無事に結婚式を挙げましたが、指輪交換をしたあとに吐血してしまい、救命センターに運ばれます。

病院で一命をとりとめた未知は、冴島に感謝の言葉を告げて、冴島も結婚式を挙げるように勧めました。 そして、未知はその後息を引き取りました。

藍沢の危機

成田空港の事故の直後、海ほたるにカーフェリーが衝突する事故の知らせが入りました。白石と藍沢は、海ほたるに向かうことになります。2人はそこで、男性がパイプでくし刺しになっている状態を目にします。

レスキューがパイプを切断するのを待っていれば、男性は助かりません。そこで2人は、腹部を裂いてパイプから引き抜くという、今までにない方法で1つの命を救いました。

さらに「フェリー内に重症患者がいる」という連絡を受けた白石と藍沢は、船内に入ります。フェリーの中は水浸しで、その上漏電していました。それに気づいた藍沢は、感電しそうになった白石をかばって階段から落ちてしまいます。そのせいで、藍沢は意識を失ってしまいました。

 

藍沢は翔北救命センターに運ばれましたが、なかなか意識は戻りません。そんな時、藤川は結婚式のビデオメッセージを白石から受け取ります。白石は、「救命チームの人がメッセージに協力的でない中、藍沢だけが積極的に応じてくれた」と話しました。

藍沢はメッセージで「藤川のように人を支えられる人間になりたい」と語りました。藤川はそのメッセージを重く受け止め、冴島に「結婚式を挙げよう」と告げます。やがて、白石の処置のおかげで藍沢は意識を取り戻しました。復帰後、藍沢は再びトロントに向かいます。

幸せな結婚

海ほたるの事故から3週間後。「病院の中庭に急患がいる」との連絡を受け、藤川と冴島は現場に急ぎました。しかしそこにいたのは白石、緋山、藍沢でした。

実は救命チームのスタッフが、サプライズで結婚式を準備していたのです。突然の祝福に、2人は戸惑いつつも喜びを噛みしめます。困難続きの2人でしたが、周囲の協力の元、ともに生きていくことを誓いました。

『コードブルー』の感想

臨場感のある作品

『コードブルー』が他の医療ドラマと違う部分は、フェローが活躍するところです。実力のある医師が適切な判断とリーダーシップで他の意思を引っ張っていくだけではなく、『コードブルー』の人物たちは1人のリーダーに頼らず、それぞれが困難な状況に立ち向かいます。

さらに、本作は救命の中でもより迅速さが求められるフライトドクターに焦点を当てています。この緊張感とスピード感にも注目したいです。

今回は、成田空港や海ほたるなどの誰もが知る場所が舞台となっています。「実際にこのようなことがあるかもしれない」と手に汗握りながら観た映画でした。

医療を施す方にも着目

「親子の関係」「結婚」「人生」など、1つの映画に多くのテーマが盛り込まれている印象でした。成田空港と海ほたるの事故被害者の人生を、様々な視点から深堀りしていくので、自分に置き換えて共感しやすい作品です。

迫力ある救急現場でのチームワークや被害者の心情だけでなく、彼らの内面(本作の場合は藤川と冴島の結婚など)にフォーカスするところが特徴的だと感じました。

ドラマのシーズン1から変わらない、主人公5人のチームワークや彼らの成長を感じられる作品です。足を引っ張ってばかりで未熟だった救急センターのフェローたちが、救急医療の最先端で活躍する姿を見届けるのも一つの醍醐味です。

『コードブルー』の作品情報

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,227 (2020/09/19 05:10:55時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2017年7月27日
上映時間128分
制作国日本
ジャンル映画
キャスト山下智久、新垣結衣
監督西浦正記
主題歌Mr.Children『HANABI』

登場人物紹介

藍沢耕作(山下智久)

脳外科医。現在は救命センターで経験を積み、いつかはトロントの病院に勤務することを目標にしています。

 白石恵(新垣結衣)

翔北救命救急センターのチームリーダー。人材不足を解消すべく、フェローを必死に育てようと努力しています。

 緋山美帆子(戸田恵梨香)

救命救急フェローとして様々な試練を乗り越えた後、救命センターを離れて産科医として活躍します。しかし人手不足に悩む救命センターのために、再び戻ってきました。

 藤川一男(浅利陽介)

整形外科専門の救命医。白石と共にフェローたちを育てるため日々奮闘しています。

 冴島はるか(比嘉愛未)

フライトナース恋人を失った過去と向き合い、乗り越えた現在もドクターヘリに乗り続けています。

[出典:https://www.fujitv.co.jp/codeblue/index.html]