映画『チア☆ダン』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

とある女子高生たちがチアダンスで全米制覇を成し遂げた、という奇跡のような実話をもとに作られた映画『チア☆ダン』。

素人だらけのチアダンス部を舞台に、部員と顧問が二人三脚で夢に向かってひたむきに努力する姿が描かれています。

今回は、映画『チア☆ダン』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『チア☆ダン』の作品概要

上映日2017年3月11日
上映時間121分
制作国日本
監督河合勇人
脚本林民夫
音楽やまだ豊
主題歌大原櫻子「ひらり」
出演広瀬すず/中条あやみ/山崎紘菜/富田望生/福原遥/柳ゆり菜/真剣佑/健太郎/天海祐希

本作は、福井県立福井商業高校のチアリーダー部が2009年の全米チアダンス選手権大会で優勝したという実話をもとに作られた作品。

2018年には、本作から9年後が舞台のストーリーとして、同タイトルのドラマも放送されている。

広瀬すず演じる明るく元気な主人公・ひかりが「全米制覇」という目標に向かって、天海祐希演じる鬼顧問・早乙女の指導の下、チームメンバーたちとともに成長していくサクセスストーリー。

『チア☆ダン』のあらすじ

主人公の友永ひかり(ともながひかり)は、福井県の高校に入学したばかりの”フツー”の女子高生。中学時代からの仲である山下孝介(やましたこうすけ)のサッカーを応援することを夢見てチアダンス部に入部する。

しかし、そこに待ち受けていたのは超スパルタ鬼顧問の早乙女薫子(さおとめかおるこ)だった。早乙女は、チアダンス部が全米制覇を目指すことを宣言し、部員たちに「おでこ全開!校則厳守!恋愛禁止!」を言い渡す。

こうして、初心者だらけのぽんこつチアダンス部は、全米大会優勝という大きすぎる目標に向かって練習をスタートする。

登場人物紹介

友永ひかり(広瀬すず)

明るく元気な女子高生。サッカー部である孝介の応援を夢見てチアダンス部へ入部する。

玉置彩乃(中条あやみ)

唯一のチアダンス経験者で、部長に抜擢される。まじめな性格。

紀藤唯(山崎紘菜)

ストリートダンスの経験者。口数が少なく、周りと打ち解けようとしない。

東多恵子(富田望生)

ふくよかな体型だが動きはキレキレ。家庭環境が複雑。

永井あゆみ(福原遥)

アイドル系のダンスは得意。目立ちたがりで、少し天然。

村上麗華(柳ゆり菜)

バレエの経験者。自信過剰で気が強い。

山下孝介(真剣佑)

ひかりが想いを寄せる、中学時代からの仲の同級生。サッカー部員。

矢代浩(健太郎)

彩乃に想いを寄せ何度も告白するが、毎回フラれている。

早乙女薫子(天海祐希)

超スパルタで指導するチアダンス部の顧問。

[出典:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/cheerdance-movie.html]

『チア☆ダン』のネタバレ

この先、『チア☆ダン』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

チアダンス部との出会い

福井県の高校に入学した友永ひかりは、友人たちとともにこれから入る部活を探していた。

イケてる女子高生に憧れてチアダンス部に目をつけた彼女らの前に、ひかりの中学時代からの友人・山下孝介が現れる。孝介が高校でもサッカー部に入ると聞いたひかりは、孝介を応援したいという理由でチアダンス部への入部を即決する。

 

軽い気持ちでチアダンス部の部室に訪れたひかりたちを待ち受けていたのは、「地獄先生」の名を持つ超スパルタ鬼顧問の早乙女薫子だった。

早乙女は、「チアダンス部で全米制覇を目指す」と宣言する。

また、そのために以下の3点を部員に言い渡した。

  1. 練習中は前髪を上げておでこは全開にすること
  2. ミニスカートやネイルは禁止
  3. 恋愛も禁止

そんな厳しいルールを取り付けられ、怒った上級生たちはチアダンス部をやめてしまう。

練習スタート

いよいよ練習初日を迎えたチアダンス部。

集まった部員の数はさらに減り、ひかりの友人らも入部をやめてしまっていた。

 

早乙女は、まず部員たちにひとりずつ踊ってみせるよう指示する。

初めに手を上げた玉置彩乃(たまきあやの)は、中学時代にチアダンスの経験があり、関東大会出場という実力の持ち主であった。さすがのパフォーマンスで周りを圧倒する。

続いて、バレエ経験者の村上麗華(むらかみれいか)、ストリートダンス経験者の紀藤唯(きとうゆい)も踊りを披露するが、チアダンスとはまったくジャンルが違う踊りであった。

動きはキレキレだがぽっちゃり体型の東多恵子(あずまたえこ)や、アイドルの真似ごとをする永井あゆみ(ながいあゆみ)を筆頭とした残りの部員たちの踊りを見た早乙女は、あまりの実力の無さに落胆する。

 

部長に抜擢した彩乃に、ある程度踊れる麗華と唯のふたりにチアの基本を教えるよう指示し、早乙女自身はその他の「踊り以下」しかできない部員たちへ指導を始めた。

そんな中、ひかりは早乙女に「笑顔だけ」は良いと言われる。

チアダンスの楽しさを知る

ひかりたちは練習を重ねていくが、体力づくりの基礎練習ばかりでやる気をなくしかけていた。

その様子を見た部長の彩乃は、みんなにまずはチアダンスの楽しさを知ってもらうことが大事だと早乙女を説得し、「とりあえず1曲通して踊ってみないか」と部員たちに提案する。

ひかりは、彩乃の「明るく素直に美しく!」という言葉に励まされ練習に奮闘するのだった。

 

彩乃は部員たちに踊りを教える一方で、同級生の矢代浩(やしろひろし)から何度も告白を受けていた。しかし、まじめな彼女は部長としてチアダンス部の恋愛禁止というルールを守り、断っていた。

同じ頃、孝介はサッカー部をやめようとしていた。現実逃避からひかりを遊びに誘うが、ひかりはあえて「私ら付き合ってたっけ?」と返し、陰で孝介にエールを送るのだった。

 

なんとか1曲踊りきり、チアダンスの楽しさを実感した彼女たちは練習に前向きに取り組み始めるが、なかなかうまくいくものでもなかった。

笑顔が苦手な唯や、なかなか振付が覚えられないあゆみや多恵子に対して、麗華はきつい言い方をして和を乱すが、その都度ひかりがフォローしてチームを丸く収めていた。

一方、彩乃は自分に自信をなくしていた。そんな彩乃に対して浩は「そんなに自信をなくすことはない。部長は君以外いないんだから」と励ましの声をかけるのだった。

チーム解散の危機

福井大会に出場したひかりたち。これが初めての大会出場だったこともあり、失敗だらけのめちゃくちゃなパフォーマンスに終わってしまう。

「最初なんだからうまくいかなくて当然だ」と言うひかりに対して、麗華はメンバーの失敗を責めるような言葉を吐き、チームの間に亀裂が生じる。

こうしてメンバーたちの気持ちは完全にバラバラになってしまい、練習にも集まらなくなってしまったのだった。

 

そんなある日、彩乃とひかりは校長室の前で、早乙女が校長らと話しているのを耳にする。

行き過ぎた指導をとがめられ、チアダンス部からバトン同好会に戻すと言われた早乙女は、「あの子たちに大きな目標を与えてやりたいんです」と必死に説得しているようだった。

 

もうダメだとあきらめかけていたひかりだが、友人らにイケてないと馬鹿にされたことと、孝介がサッカーにもう一度向き合おうとしている姿を見て、行動を起こすことを決意する。

ひかりは彩乃が学校を休んでいることを知って、彩乃の家を訪ねる。しかし、その頃彩乃はひかりの家を訪ねていた。「このまま終わるわけにはいかない」と気持ちが通じ合ったふたりは、ほかのメンバーのもとにも話しに行くことにする。

唯や多恵子はそれぞれの問題を乗り越え、また一緒に頑張ることに決めるが、いつもメンバーに上から目線でダメ出しばかりしていた麗華はチームを散々バカにしたあげく、チアダンス部をやめることを選んだ。

「JETS」結成

再集結したメンバーたちは校長室に抗議しに行き、「私ら、アメリカで優勝します!」と宣言した。熱意に負けた学校側はチアダンス部の存続を認める。

歓喜した部員たちが部室に戻ると、早乙女が黒板にチーム名を書いて待ち構えていた。

「JETS」の名でアメリカ大会に向けて本格的に始動しだした彼女らのもとに、新しく大野コーチが加わって練習が始まった。

 

ひかりたちは2年生になり、チアダンス部にも新入生が入ってきた。全国大会に出場するようになるも、結果は出せず、JETSのメンバーにはまだまだ足りないものだらけだった。

そこで、早乙女は部員たちに「夢ノート」なるものを書かせる。そして、「個々のレベルを上げるために、それぞれが今の自分を超えることが必要だ」と言うのだった。

ひかりの挫折

3年生になったひかりたち。

「仲良しごっこはやめて互いに欠点を指摘し合え」という早乙女の言葉を受け、彩乃は部長としての責任を果たそうと部員に厳しく接するが、チームの雰囲気は険悪になってしまう。

そんな中、ひかりは足を怪我してしばらく練習に参加できなくなる。

 

怪我が治って練習に復帰したひかりだったが、レベルアップしたチームの踊りについていけず、早乙女にチームメンバーから外れるよう言い渡される。

ひかりを除いたメンバーで全国大会に出場したJETSは優勝を果たし、いよいよアメリカ大会への切符を手に入れる。

ひかりは部員たちの前では明るく振舞っていたが、内心は悔しさでいっぱいで必死に個人練習を重ねるのだった。

いざ、アメリカ大会へ

その後、努力が認められたひかりはチームのメンバーに戻り、アメリカ大会に出場する。

予選7位という結果を受けて、早乙女はとんでもないことを言い渡す。なんと、彩乃に「センターを外れてひかりのポジションと入れ替われ」と言うのだった。

彩乃はチームのためだと言って受け入れるが、ひかりは早乙女を軽蔑する。

 

ひかりに抗議を受けた早乙女は、「頂点に立った者にしか見えない風景がある。その風景を見てきなさい」と伝える。納得のいかないひかりだったが、大野コーチから話を聞いて、早乙女がJETSのことをどれほど本気で大切に思っているかを知る。

また、メンバーの前では強がっていた彩乃だったが、本当は悔しくてたまらず泣いていたことを最後の練習で告白し、自分の弱さを見せることでみんなと心をひとつにした。そして、「端っこでもセンターにいる気持ちで踊る」という決意を表明した。

 

いよいよ迎えたアメリカ大会決勝。

想いをひとつにして最高のパフォーマンスを披露したJETSは見事優勝し、全米制覇を果たした。

演技を終えて早乙女のもとに向かったひかりは、最高の風景を見ることができたと報告し、喜びを分かち合うのだった。

数年後、OGとしてチアダンス部の後輩たちのもとへ指導に訪れたひかり。ひかりが後輩たちに伝えたメッセージは、かつて早乙女からかけられた言葉だった。

『チア☆ダン』の感想

初めは大きすぎる目標だった「全米制覇」を3年で本当に叶えた彼女たちの姿に、勇気をもらいました。

作中で彩乃が言っていた、「どんなに努力したって叶わないこともある。だけど努力し続けるしかない」という言葉が印象的でした。彼女たちのサクセスストーリーは、それぞれが挫折を味わい、苦しみを乗り越えたからこそ手に入れることができた、当然の結果だと思います。

ラストにひかりが後輩たちに伝えた「とんでもない場所に立つためには日々の積み重ねが大切。それは将来必ず、あなたたちの力になります」というメッセージは、ぜひ心にとめておきたいと思いました。あきらめずに努力し続けることの大切さがひしひしと感じとれる作品でした。

『チア☆ダン』の視聴方法

『チア☆ダン』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、Huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『チア☆ダン』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi見放題925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。