映画『カーズ』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

カーズシリーズの第一作目となる『カーズ』。

今回は、映画『カーズ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『カーズ』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,200 (2020/11/28 07:45:32時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2006年7月1日
上映時間116分
制作国アメリカ合衆国
監督ジョン・ラセター/ジョー・ランフト
脚本ジョン・ラセター
音楽ランディ・ニューマン
出演土田大/山口智充/戸田恵子/浦山迅/パンツェッタ・ジローラモ/内田直哉

車を擬人化したキャラクターが登場する世界で、天才レーサー・マックィーンの成長が描かれる。マックィーンは、自分が勝つことしか考えない自己中心的な性格だった。しかし、迷い込んだ田舎町で個性的な住人と交流し、次第にマックィーンの気持ちに変化が表れる。

『カーズ』のあらすじ

マックィーンが参加した世界最高峰のレースでは、3台が同着だったため決着がつかなかった。そこで、後日カリフォルニアでレースが行われることになったが、マックィーンはカリフォルニアに向かう途中で、ある田舎町に迷い込んでしまう。

そこでは、サビだらけのレッカー車のメーターや、美しいポルシェのサリーなど個性豊かな住人が暮らしていた。彼らとの交流を通して、マックィーンは誰かのために頑張ることを学ぶ。

登場人物紹介

マックィーン(声:土田大)

レースで勝つことしか頭にない主人公のレーサー。わがままな性格だったが、徐々に周りと協力するようになる。

メーター(声:山口智充)

古いレッカー車。気さくで優しい性格で、困っている車を見つけるとすぐに手を差し伸べる。

サリー(声:戸田恵子)

田舎町で弁護士をしているポルシェ。町に観光客を増やすことに尽力している。

[出典:https://kids.disney.co.jp/character/lightning-mcqueen.html]

『カーズ』のネタバレ

この先、『カーズ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

天才レーサー

天才レーサーのマックィーンは、世界の最高峰レースである「ピストン・カップ」の最終レースで、新人チャンピオンを狙っていた。彼のライバルは、今シーズンで引退するキングと、ベテランレーサーのチックだ。

レース終盤、3人は激しい争いを繰り広げるが、マックィーンはタイヤ交換を忘れたため、ゴール寸前でパンクしてしまった。3台は同着でゴールインし、1週間後にカリフォルニアのレースで決着をつけることになった。

足止め

マックィーンは、トレーラーのマックに乗ってカリフォルニアへ移動した。しかし、途中でマックの居眠り運転により振り落とされてしまい、ラジエーター・スプリングスという田舎町に迷い込んでしまう。

パニックになったマックィーンは夜通し走り続け、道路をめちゃくちゃに壊してしまった。翌日、スピード違反と道路を壊した罪で逮捕されたマックィーンは、裁判で道路の舗装を命じられた。

マックィーンは、町の人に「一刻も早くカリフォルニアに行かなければならない」と説明したが、誰も取り合ってはくれなかった。

町の復活

そんな中、マックィーンはサビだらけのレッカー車・メーターと出会う。そして、マックィーンは自分の裁判を担当した弁護士のサリーに恋心を抱くようになった。

サリーは「昔、この町はとてもきれいでにぎやかだった」とマックィーンに話す。そこで彼は、この町の住人を綺麗に塗装したり、電灯を付け替えて街をよみがえらせた。

ある日、マックィーンは町のリーダーであるドックが、「ピストン・カップ」を3度も制した伝説のレーサーだったことを知る。彼は、「大事故から復帰した後、自分の居場所がなくなったことに傷ついて、レーサーを辞めたのだ」と話した。

その夜、マックィーンはマスコミに居場所を突き止められ、カリフォルニアに連れて行かれた。

最終レース

カリフォルニアでのレース当日、マックィーンの元にはラジエーター・スプリングスの住民たちが駆け付けた。マックィーンは住民たちの協力でレースを有利に進めるが、終盤でキングがチックの乱暴な運転でクラッシュしてしまう。

それを見たマックィーンは、ゴールの手前で停車した。そして万年2位であることを悔いていたチックに優勝を譲り、キングの次にゴールインする。他人を思いやるマックィーンのその行動には、称賛が寄せられた。

レース後、マックィーンは仲間たちとラジエーター・スプリングスに住むことを決めた。すると、町にはかつてのように多くの車が訪れるようになった。

『カーズ』の感想

最初と最後の激しいカーレースが印象的でした。マックィーンの目線、観客の目線、抜かされる他の車の目線へと次々にカメラが切り変わり、非常に臨場感のあるシーンでした。

正直、始めは車が言葉を話していることに違和感を覚えましたが、見終わる頃には車と人の境界は気にならなくなり、完全に感情移入してしまいました。おそらく、車たちが全力で感情を表現していたり、タイヤを手のように動かしたりしていたことが要因かと思います。

また、孤高の天才のマックィーンが、周りの人と協力するようになったところに感動しました。競争社会にいると、つい他人を蹴落としたくなったり、周りが見えなくなったりしますが、誰かに支えられないと生きていけないということを、再認識させてくれた作品です。

『カーズ』の視聴方法

『カーズ』はDVDの購入やレンタル、ディズニーデラックスなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『カーズ』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス無料レンタル770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。