『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

「ぼく明日」の略称で、公開から中高生を中心に大ヒットした恋愛映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

今回は、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥2,718 (2020/07/15 02:36:44時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2016年12月17日
上映時間111分
制作国日本
監督三木孝浩
原作ぼくは明日、昨日のきみとデートする(七月隆文)
脚本吉田智子
音楽松谷卓
主題歌back number「ハッピーエンド」
出演福士蒼汰/小松菜奈/東出昌大/川北のん/清原果耶/宮崎美子

「アオハライド」や「青空エール」などの有名作で知られる三木監督が手掛ける、同名小説を原作とした本作。美男美女カップルの恋愛模様を描いた本作は公開前から話題を呼び、「ぼく明日」の愛称で大ヒットを記録した。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のあらすじ

京都の美大に通う青年・南山高寿は、大学に行く途中の電車に乗り合わせた福寿愛美に一目惚れをする。思い切って声をかけたところから二人の関係性は発展してゆくが、所々で悲しげな様子を見せる愛美に困惑する高寿。

そんな彼女から告げられたのは、二人の過去にもまつわる、衝撃の事実だった。

登場人物紹介

南山高寿(福士蒼汰)

美大に通う大学生。登校途中の電車のなかで遭遇した愛美に一目惚れする。

福寿愛美(小松菜奈、川北のん(幼少期)、清原果耶(中学生時代))

専門学校に通う女子大生。どこか不思議な雰囲気を帯びている。

上山正一(東出昌大)

高寿の親友。恋に悩む高寿の相談に快く乗る。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のネタバレ

この先、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

遭遇

京都の美大に通う青年・南山高寿は、大学に行く途中の電車で、同じ車両に盛り合わせた女性・福寿愛美に一目惚れする。意を決して声をかけた高寿に応じた愛美は、駅のベンチで話そうと促す。

しばらく会話し、その別れ際「また会えるかな?」と声をかけた高寿に、「会えるよ」と返した愛美の目には涙が浮かんでいた。愛美が涙する意味がわからない高寿だったが、ここから二人の関係性は急激に近づいていくことになる。

邂逅

翌日、高寿は大学の課題である写生をするため、向かった動物園で、本当に愛美と再会することになる。まるで当然かのように振る舞い、高寿の作品が学校に張り出されることを予言する愛美に、高寿は困惑する。

その後の会話の中で、お互いに5歳の頃、見知らぬ誰かに命の危機を救われた経験があることに共通点を見出す二人。その場はそれで終わったものの、その晩の電話で翌日にデートの約束をするなど、二人の親密度は増していくのだった。

 

そして翌日、親友・上山のアドバイスもあり、楽しい時間を共有する二人。そんな1日の終わりに高寿は愛美に「付き合ってください」と告白する。出会って間もない告白のはずだが、初めてあった電車のなかで、愛美も高寿を見つめていたのだそう。

そうして二人の関係性は恋人へと変化することになるのだが、その瞬間も愛美の目には涙が浮かんでいた。

疑惑

晴れて恋人同士になった二人だが、幸せな日々の中に高寿は違和感を覚えるようになる。その違和感とは愛美が時折見せる涙や、予知能力にも似た彼女の言動だった。

初めて会った時、初めてデートをした時、初めて下の名前で呼び合った時、そして初めて手を繋いだ時、その全てをかみしめるように愛美は涙を見せるのだった。高寿はそんな彼女を不思議に感じるようになる。

加えて、愛美は高寿について、まるで昔から知っていたかのように、そして未来に起こることもわかっているかのような言動を口にするようになる。高寿の母が作るビーフシチューを隠し味までも再現し、動物園での写生課題が張り出されることを予言する愛美に、高寿は違和感を覚えるのだった。

 

そして、その違和感は付き合って15日目に決定的となる。夜を共にし、門限を前に帰宅した愛美は、高寿の家に手帳を忘れてしまう。その手帳には、翌日の出来事が描かれており、そのページの先にはその先の未来までもが記載されていた。

その時、高寿の携帯が鳴り、愛美からの電話が入る。その中で愛美は、「そのメモ帳を見たのなら、あなたに言わなければいけないことがある」と、思わせぶりな内容を告げるのだった。

告白

翌日、愛美に呼び出された高寿は、彼女の口から「私と高寿の時間は逆行している」という衝撃の告白を受けるのだった。

彼女によれば、二人は本来隣り合う別々の世界に住んでおり、それぞれの時間は逆方向に進んでいるのだという。そして高寿と愛美の二人は5年に一度、30日間だけ出会うことができるのだそう。つまり、高寿が彼女と出会った最初の日は、愛美にとって20歳の高寿と出会って30日目なのだった。

また、衝撃の告白はこれにとどまらなかった。お互いに5歳の時、命を救われた経験があることに共通点を見出していた二人だったが、その命の恩人こそ、互いの未来の姿なのだった。つまり、5歳の高寿は未来の愛美に、5歳の愛美は未来の高寿に命を救われていたのである。

 

次々と告げられる衝撃の事実に困惑する高寿だったが、高寿と愛美、高寿の両親でこの先撮ることになる、という記念写真を提示されたことで、信じざるを得なくなってしまうのだった。

すれ違い

二人にまつわる事実を聞いて以降も、二人の関係性は変わらなかった。しかし、高寿から見た愛美は、これから起こる出来事を追体験するかのように日々を過ごしているため、高寿はその事実を受け入れることができずにいた。

それでも普段と同じように振る舞う愛美に対し、高寿は「昨日のことを覚えていない君を見ているのが辛い」と突き放すような言動をとってしまう。

 

しかしその晩、高寿はこれまでの愛美に思いを馳せ、涙の意味に気付くのだった。高寿にとって初めての出会いや手繋ぎ、名前呼び、ハグ、キス、その全てが彼女にとっての最後だったのである。

それを知りつつも涙を堪えて振る舞っていた愛美の想いに気づいた高寿は、彼女との電話の中でその過ちを謝罪し、明日の愛美に出会う決意を新たにするのだった。

別れ

それからの日々はあっという間に流れていった。写真にも残されていた高寿の家族との出会いも経て、ついに30日目、高寿にとって20歳の愛美に出会える最後の日を迎える。

これまでの想いを込めて、愛美の肖像画を書くことにした高寿。その最中、愛美は高寿からこれまでの30日の出来事の話を聞き、メモに綴っていくのだった。

初めは楽しそうに談笑していた高寿だったが、突如涙を抑えられなくなる。これまで高寿が楽しく過ごしてきた30日間は、1日目の愛美がこうして自分から話を聞き、自分のために尽くしてくれたからこそだと気付くのだった。

 

そしていよいよ最後の時、24時を回った瞬間に、繋いでいたはずの愛美の手はなくなっていた。しかし舞台は変わり5年後、25歳になった高寿は、15歳の愛美と再会を果たし、そしてまたその先も2人の関係は続いていくのだった。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の感想

ついつい号泣してしまった作品でした。自分が恋をした相手とすれ違っていくほかない苦しみや、添い遂げることのできない歯痒さを想像するだけで、高寿や愛美の心情が痛いほどわかるような気がします。

それと同時に、今自分の周りにいる人々のありがたみにも気づかされるような作品でした。恋人だけではなく、友人や同僚、家族に関しても、いてくれることが当たり前ではないと、視聴し終わって改めて気づかされたように思います。

恋人と喧嘩してしまった方や、好きな人になかなか思いを伝えられない方は是非、この作品を見てそういった存在の大切さに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。