映画『バケモノの子』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

人間の子とバケモノの交流が描かれる『バケモノの子』。

今回は、映画『バケモノの子』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『バケモノの子』の作品概要

created by Rinker
バップ
¥3,680 (2020/07/06 12:23:21時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2015年7月11日
上映時間119分
制作国日本
監督細田守
脚本細田守
音楽高木正勝
主題歌Mr.chirdren「Starting Over」
出演役所広司/広瀬すず/染谷将太/宮崎あおい/山路和弘/宮野真守

バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、主人公・九太(きゅうた)がバケモノたちの住む渋天街(じゅうてんがい)で修業をする様子が描かれる。渋天街だけでなく、現実世界でのアクションや、淡い恋愛も繰り広げられる。

『バケモノの子』のあらすじ

家出をした少年・蓮は、渋谷の平行世界である渋天街に迷い込む。そして、そこで出会ったバケモノ・熊徹(くまてつ)に九太と名付けられ、弟子として修業をすることになった。

成長した九太は、人間界に行くようになる。高校生の楓との交流を通して、九太は人間として生きることの楽しさを思い出す。そんなとき、九太は闇に飲み込まれてしまったかつての友人と戦うことになる。

登場人物紹介

九太/蓮(声:宮崎あおい/染谷将太)

主人公の少年。家出をし、渋谷の街をさまよっていたとき、熊徹と出会う。その後、渋天街という世界に迷い込み、熊徹の弟子として生活する。

熊徹(声:役所広司)

九太の師匠で、渋天街で一二を争うバケモノ。乱暴な性格。

楓(声:広瀬すず)

渋谷にある進学校に通う女子高生。九太と図書館で出会い、勉強を教える。

猪王山(声:山路和弘)

猪王山(いおうぜん)。渋天街の誰もが認めるバケモノ。熊徹と並び、次期宗師(そうし)の最有力候補で、一郎彦の父親。

一郎彦(声:黒木華/宮野真守)

猪王山の長男。父ゆずりの強さ・品格を持ち、父のような剣士になることを夢見ている。

[出典:http://www.bakemono-no-ko.jp/character/index.html]

『バケモノの子』のネタバレ

この先、『バケモノの子』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

九太と熊徹

渋谷には、もう一つの世界としてバケモノの住む渋天街がある。渋天街でバケモノたちを束ねている宗師(そうし)は、バケモノを引退して神様に転生することを宣言した。

そこで、バケモノの間では新しいまとめ役を決める事になった。候補は、人望が厚く品性を備えた猪王山と、乱暴だが力の強い熊徹だった。宗師は、弟子を取ることを後継者の条件とした。人望がなく、渋天街で弟子を見つけられない熊徹は、渋谷に足を運ぶ。

 

夜の渋谷では、蓮という少年が自転車置き場で眠っていた。蓮は、両親の離婚が原因で、家出をしていたのだった。蓮を見つけた熊徹は、「弟子にならないか?」と冗談半分で誘うが、蓮は取り合わなかった。

ある日、警官に補導されそうになった蓮は、渋谷の街から渋天街に迷い込む。状況が理解できない蓮を、僧侶のバケモノが救ってくれた。そして、人間界に戻ろうとしたとき、蓮は再び熊徹と遭遇する。身寄りのない蓮は、しぶしぶ熊徹のもとで暮らすことを決めた。

人望のない熊徹は、バケモノたちからあまりよく思われていなかった。それを知った蓮は、熊徹は自分と同じく独りぼっちであることに気づき、熊徹に弟子入りする事にする。蓮は、名前を聞かれても答えなかったため、「9歳だから九太」と熊徹に名付けられた。

渋天街と人間界

そして、熊徹は師匠として九太に武術を教えることにした。しかし、独学で学んできた熊徹は、人にものを教えるのが下手だった。九太は、そんな熊徹に反発しながらも修業に励んだ。

 

年月が経ち、青年に成長した九太は、反抗期に突入していた。九太は、独り立ちを宣言をして熊徹のもとを去ると、人間界へ行く道を発見する。すっかり姿を変えた渋谷に動揺し、逃げ出した九太は、ある図書館にたどり着く。

そこには、楓という高校生の少女がいた。9歳のころから教育を受けていない九太は、楓に勉強を教えてもらうことになった。それ以来、九太は熊徹に秘密で渋天街と人間の世界を行き来するようになる。どんどん知識を吸収する九太に、楓は大学受験することを勧めた。

そして、九太は役所を訪れ、父親の居場所を知って再会を果たす。こうした経験を経た九太は、熊徹に「学校に行きたい」と話した。2人は口論になり、九太は「父親の所へ行く」と言って、熊徹のもとを去ってしまった。九太の親代わりを務めていたと思っていた熊徹は、ショックを受ける。

一郎彦の闇

その後、宗師の跡継ぎを決める決闘の日がやってきた。熊徹と猪王山は、刀は持っているものの、斬り合いは禁止されていたため、鞘(さや)を付けたまま打ち合う。そして、怪力の熊徹の鞘が猪王山の鞘を砕き、試合は終了する。

しかし、熊徹が応援に来ていた九太に近づこうとすると、熊徹の腹から血が滴った。熊徹の腹には、鞘が割れてむき出しになった猪王山の刀が刺さっていた。それは、猪王山の長男・一郎彦の仕業だった。

そのとき、一郎彦の胸に暗い闇が現れる。激怒した九太の胸にも闇が現れ、九太は刀を持って一郎彦に襲いかかる。間一髪のところで九太の暴走は止められたが、一郎彦の胸の闇は一郎彦を飲み込んでしまったため、一郎彦は暴走し始めてしまった。

 

治療を受けている熊徹のそばで、猪王山は一郎彦の過去を語った。実は、一郎彦は人間の子で、猪王山が猪のバケモノの子として育てたのだと言う。一郎彦は、父親のような牙や猪の顔を持てず、悩んでいたのだった。

そのころ、九太は一郎彦と決着を付けようと考えていた。その方法は、自分の闇の中に一郎彦の闇を飲み込み、自分ごと消し去るというものだった。

一郎彦との戦い

人間の世界に戻ると、九太は楓を呼び出し、「もう勉強はできない」と告げる。楓が肩を落とした時、渋谷のセンター街に一郎彦が現れた。一方、渋天街では熊徹は宗師に「宗師が神に転生する権利」を譲るよう迫っていた。

人ごみを避け、九太と楓は代々木まで逃げてきた。九太が、胸に闇を開けて一郎彦を飲み込もうとすると、九太の前には一振りの刀が落ちてくる。それは、刀のつくも神に生まれ変わった熊徹だった。

九太が一郎彦の闇に刀を刺すと、一郎彦は消え去った。渋天街で目を覚ました一郎彦の記憶は、父の応援をしに行ったところで途切れていた。

その後、九太は人間として生きていく事を選び、渋天街に足を踏み入れる事はなくなった。そして父親と暮らし始め、大学進学を目指して高卒認定試験の勉強に励むのだった。

『バケモノの子』の感想

九太の成長物語かと思いきや、熊徹も一緒に成長する物語でした。当初、九太と出会った頃の熊徹は、乱暴でぶっきらぼうで、他のバケモノからも嫌われている存在でした。しかし、最終的には九太のために自分を犠牲にする立派なバケモノに成長したからです。

また、熊徹と猪王山の比較を通して、子育ての在り方が説かれていると思いました。特に興味深かったのは、「人間であることを隠すか否か」です。熊徹は、九太のことを最初から人間だと他のバケモノにも話していました。

一方で、猪王山は一郎彦が青年になるまで、一郎彦が人間であることを隠していました。子供の性格が関係しているため、どちらの育て方が良いかは判断できませんが、子育てスタイルの違いでこうも結果が変わるのかと思いました。