映画『暗殺教室』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

生徒が先生を暗殺するという、衝撃的な設定が印象的な『暗殺教室』。

今回は、映画『暗殺教室』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『暗殺教室』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥3,347 (2020/07/06 11:26:07時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2015年3月21日
上映時間110分
制作国日本
監督羽住英一郎
原作松井優征『暗殺教室』
脚本金沢達也
音楽佐藤直紀
主題歌せんせーションズ「殺せんせーションズ」
出演山田涼介/二宮和也/菅田将暉/山本舞香/橋本環奈/加藤清史郎

累計発行部数100万部を突破したマンガ『暗殺教室』の実写映画。地球を破壊する能力を持つ謎の生物・殺せんせーと、政府からその暗殺を指示された中学生たちの攻防が、コミカルに描かれる。殺せんせーとのやりとりを通して、生徒たちは成長していく。

『暗殺教室』のあらすじ

ある日、月の7割が謎の生物によって消滅させられた。その超生物は、「来年の3月に地球を破壊する」と宣言する。その超生物は、「殺せんせー」として椚ヶ丘(くぬぎがおか)中学校3年E組の担任をすることになった。E組の生徒は防衛省から暗殺を依頼され、訓練を受け始める。

生徒たちは全力で暗殺に挑むが、並外れた身体能力を持つ殺せんせーには歯が立たない。そんなとき、殺せんせーはあの手この手で生徒たちのやる気をかきたてて、自身を暗殺させようとするのだった。

登場人物紹介

殺せんせー(二宮和也)

最高時速マッハ20のスピードと、万能の触手を持つ謎の生物。椚ヶ丘中学校3年E組の担任をしている。

渚(山田涼介)

おとなしくて温厚な性格。情報収集が得意で、殺せんせーの弱点を調べている。小柄だが、暗殺の能力に優れている。

業(菅田将暉)

業(カルマ)。渚の友人。成績優秀で頭の回転が速いが、暴力的で人を見下す癖がある。

イトナ(加藤清史郎)

3年E組にやって来た転校生。手先が器用で、電子工作が得意。

烏間(椎名桔平)

防衛省所属。E組の副担任で、体育教師として暗殺技術を教えている。

『暗殺教室』のネタバレ

この先、『暗殺教室』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

暗殺教室の誕生

ある日、突然月の7割が消滅してしまった。それは謎の生物のしわざで、その超生物は「来年の3月には地球を破壊する」と宣言する。

世界中の暗殺者たちは、この超生物を暗殺しようとするがことごとく失敗してしまう。各国の機関が頭を抱える中、その超生物は「椚ヶ丘中学校の3年E組の担任ならやっても良い」と言った。名門校・椚ヶ丘中学校には、「エンドのE組」と呼ばれる成績不良の生徒が集まるクラスがあったのだ。

 

新学期を迎えたある日、E組には例の生物と防衛省の烏間(からすま)が、担任と副担任としてやって来た。烏間は、生徒たちにこの超生物の暗殺に協力するよう依頼し、成功報酬は100億円だと告げた。

烏間は、この超生物だけに効く特殊なナイフとエアガンを生徒たちに支給し、暗殺者を育てるべく副担任として教育を始める。

殺せんせーと業

毎朝、点呼と同時に生徒たちはその超生物を一斉に撃つが、高速で動く超生物は全てかわす。そして、ハニートラップを得意とする殺し屋のイリーナ・イェラビッチが、英語の教師として派遣された。

生徒たちは、どんなに策を練っても全く歯が立たないため、「殺せないから殺せんせー」と超生物を名付ける。

 

そんなとき、暴力事件で停学中だった業が登校してきた。教師に不信感を抱いている業は、殺せんせーにも敵意をむき出しにして挑み、制服に隠したナイフで殺せんせーを攻撃する。そして、殺せんせーを試そうとする業は、「命をかけて生徒を守ってくれる人?」と殺せんせーに聞いた。

殺せんせーが「もちろん」と答えると、業は殺せんせーに銃を向け、崖から身を投げた。業は、自らの死を選ぶのか、教師としての死を選ぶのか、究極の選択を迫ったのだった。殺せんせーは、触手を蜘蛛の巣状に変化させて、業を助ける。

殺せんせーは、「見捨てるという選択肢は先生にはない」と言った。「少なくとも、先生としては殺せない」と思った業は、殺せんせーを信頼するようになる。

新しい仲間

防衛省は、新たな暗殺者として「自律思考固定砲台」という機械をE組に送り込む。その機械には、女の子の姿が映し出されていた。E組の生徒は、その女の子を「律」と名付けた。

そんなとき、新たに転校生がやってくる。転校生はイトナと言い、「俺はお前を殺せる。血を分けた兄弟だから」と殺せんせーに告げた。そして、「机で作ったリングの外に足をついたら負け」というルールで、放課後に勝負することを申し出る。

開始早々、イトナは髪の毛を触手のように操り、殺せんせーの触手を1本切り落とした。それを見た殺せんせーは激しく怒り、渚が持っていた特殊ナイフを奪って、イトナの触手を切る。殺せんせーは、動揺したイトナをリングの外に放り出した。

鷹岡 VS 渚

防衛省から、自衛官の鷹岡という男がE組に体育教師として赴任して来る。鷹岡は、E組の生徒たちに「俺たちは今日から家族だ」と明るく振る舞うが、実は鷹岡は、目的の達成のために暴力的な指導でチームを作り上げる鬼教官だった。

その厳しい指導に耐えられなくなった神崎有希子は、鷹岡に烏間の指導を受けたいという旨を申し出る。すると、怒った鷹岡は神崎を張り倒した。止めに入った烏間に、鷹岡は勝負を挑む。それは、素手の鷹岡と、烏間が認める生徒との対決だった。

生徒が持つナイフが鷹岡に当たれば、鷹岡は負けを認めて出ていくのだと言う。渚の隠れた才能を見抜いていた烏間は、渚を指名した。

渚は、殺気を消して笑顔で鷹岡に近づく。そして、渚はあっけにとられて隙を見せた鷹岡の首に、ナイフを当てた。鷹岡は、「このままで済むと思うなよ」と言って去った。

勉強の大切さ

殺せんせーは、生徒たちが暗殺に注力するあまり、勉強がおろそかになっていることを気にしていた。そこで、殺せんせーは烏間とイリーナに、「第一撃がかわされた時どうするか?」と聞く。

2人は、「次の手を事前に持って臨む」と答える。それを受けて、殺せんせーは「自信を持てる次の手があるから、自信に満ちた暗殺者になれる」と生徒たちに説いた。

殺せんせーに、「暗殺という目標を失ったら、E組には劣等感しか残らない。勉強と言う、第二の刃を持たなければならない」と言われた生徒たちは、勉強への意識を改めた。

そんな生徒たちに、殺せんせーは「期末テストで学年トップを取った人には、触手1本を破壊させる権利」を与えることにする。テストの結果、6人が学年1位を取ったため、夏休みに暗殺大会をすることになった。

暗殺成功?

夏休みに入り、生徒たちは本格的に暗殺の計画を立て始めた。そして、殺せんせーの触手を破壊して動きを鈍らせた後、湿気が苦手な殺せんせーを水の檻に閉じ込め、狙撃が得意な生徒がBB弾で暗殺するという作戦を決行する。

しかし、殺せんせーは完全防御形態と呼ばれる、ハンドボール程の球体に姿を変えてしまった。この状態は24時間続く上、核爆弾の攻撃も効かないのだという。完全防御形態の殺せんせーは防衛省に引き渡され、BB弾が詰まったシェルターに埋められた。

殺せんせーは、生徒たちの成長に感動し、感謝の言葉を述べて完全消滅した。ところが、涙した渚の横から、ハンカチを持った触手が現れる。渚が振り返ると、そこには殺せんせーが立っていた。

 

2学期が始まり、E組は再び暗殺教室としてスタートする。殺せんせーは、ある女性の声を思い出しながら、「あなたのクラスはこんなに立派になりましたよ、雪村先生」とつぶやく。

生徒たちに、「卒業までに殺せるといいですね」とあいさつする殺せんせーを、渚は笑顔で見つめた。その横に座る女の子の髪が、触手のように動いた。

『暗殺教室』の感想

始めは「落ちこぼれ」のらく印が押されていたE組が、暗殺というひとつの目標に向かって、徐々にまとまっていく様子に感動しました。

コメディタッチで描かれていますが、渚の隠れた才能が開花したり、空間認識力に優れた生徒が狙撃の名手として活躍したり、それぞれが個性を生かして成長していくところも追っていけるので、ヒューマンドラマとしても観ることができます。

また、E組の生徒と殺せんせーは、暗殺者と暗殺される側という関係にもかかわらず、そこに信頼関係が生まれているのがとても不思議でした。殺せんせーは、生徒を正しい方向に導こうとする立派な先生で、心から生徒を思っています。

だからこそ、生徒や殺せんせーが発する「暗殺」という言葉は、段々温かみを帯びてきます。暗殺を通して先生と生徒の間に愛がはぐくまれる、非常に不思議で面白い作品だと思いました。