映画『亜人』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

佐藤健と綾野剛のダブル主演が話題となった『亜人』。

今回は、映画『亜人』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『亜人』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥2,955 (2020/08/07 04:53:44時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2017年9月30日
上映時間109分
制作国日本
監督本広克行
原作桜井画門『亜人』
脚本瀬古浩司
音楽菅野祐悟
主題歌THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」
出演佐藤健/綾野剛/城田優/玉山鉄二/千葉雄大/川栄李奈

『亜人』は、桜井画門のコミックを原作とした2017年公開の映画。死んでも生き返る新人類「亜人」と人間の戦いが描かれている。

事故によって自身が亜人であることを知り、絶望にさいなまれながらも、人間と亜人の間で揺れる青年を佐藤健が演じる。

『亜人』のあらすじ

死んでも再生する新人類「亜人」である圭は、非人道的な人体実験の対象となっていた。そこへ、佐藤と田中という亜人が助けにやってくる。しかし、佐藤が研究者たちを殺すのを見た圭は、そのやり方に疑問を感じて逃亡する。

その後、佐藤は政府に亜人特別自治区の設立を要求した。そして、東京に有毒ガスをまいて人類を滅亡させようとする。

登場人物紹介

圭(佐藤健)

主人公。妹の病気を治すために研修医になったが、亜人であることが判明し、国から追われるようになる。

佐藤(綾野剛)

亜人であることを最大限に生かした戦闘を行う、冷酷な男。亜人の仲間を集め、人類を滅ぼそうとしている。

戸崎(玉山鉄二)

厚生労働省から派遣された亜人担当の職員。亜人の人体実験の責任者で下村の上司。

田中(城田優)

亜人。国から人体実験を受けていたが、佐藤に救われてから佐藤と行動を共にするようになる。

下村(川栄李奈)

亜人。亜人であることを公表しないことを条件に、戸崎の部下として働いている。

『亜人』のネタバレ

この先、『亜人』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

人体実験

妹の病気を治すために研修医となった圭は、あるとき交通事故に遭って死んでしまった。しかし、そのあと圭は蘇生した。圭は、死んでも生き返ることができる「亜人」という人種だったからだ。

圭は、日本で確認された3番目の亜人であったため、厚生労働省の秘密機関に収容された。そして、戸崎という人物を中心に行われている、非人道的な人体実験の対象となってしまう。

 

そんなとき、亜人の佐藤と田中が圭を助けにやって来た。佐藤も過去に人体実験を受けて、人間を憎んでいた。

佐藤は、圭を救出するために研究者たちを次々と殺していく。田中は圭に銃を渡し、逃げ遅れた研究者を殺すように言った。しかし、佐藤らの乱暴さに疑問を抱いた圭は、佐藤の動きを止めようと佐藤を撃った。

亜人の佐藤はすぐに復活し、圭の行動に激怒する。佐藤は圭を追い詰め、亜人が操作出来るIBMという黒い物質を召喚した。

佐藤のIBMは圭に襲い掛かるが、圭から出たIBMが圭を守り、圭は研究所から脱出することに成功する。しかし、この事件は知れ渡り、圭は追われることになった。

佐藤の企み

圭は、田舎町の老婆の家でかくまってもらうことになった。そんなとき、佐藤と田中は会見を行い、政府が亜人に行っていた実験の内容を暴露する。そして、亜人が安全に住める「亜人特別区域」を設置するよう要請した。

政府は亜人特別区域を設ける事を公表したが、佐藤が要求した通り東京に設置されるわけではなかったため、交渉は決裂する。そして、佐藤は厚生労働省を破壊することを宣言した。

妹を守り、平穏な生活を取り戻したいと考えている圭は、佐藤を倒そうとする。そして、厚生労働省の戸崎に協力する事になった。

佐藤は旅客機を厚生労働省に衝突させ、特殊部隊も全滅させた。さらに、佐藤は製薬会社が保持している毒ガスを空中にまいて、大量虐殺することを計画する。

打倒・佐藤

圭と戸崎は協力して佐藤を止めようとするが、毒ガスは佐藤の手に渡ってしまった。そして、圭は製薬会社で佐藤と戦うことになるが、戦闘経験のない圭は苦戦する。

その時、対亜人特選群が乱入し、佐藤と圭を液体窒素で凍らせて爆破した。これは、佐藤を殺すために覚悟を決めた圭の作戦だった。圭は死んだように思われたが、ヘリポートの隅に落ちていた片腕から復活する。

亜人は、体がバラバラになっても、その一部分が残っていればそこから復活できるのだった。圭は、警戒する戸崎と対亜を見たあと、彼らから逃れるためにビルから飛び降りた。

『亜人』の感想

綾野剛さん演じる佐藤の存在感が大きく、主人公の圭を凌駕するレベルでした。佐藤は亜人であることを最大限に生かした戦い方をする亜人です。

亜人には、体がバラバラになったときに一番大きい肉片をベースに再生する能力があります。佐藤が粉砕機で体をミンチ状にした後、田中に持たせていた片腕から再生し、毒ガスが佐藤の手に渡らないようにしていた圭の前に現れた時には鳥肌が立ちました。

亜人と人間の戦闘シーンや、IBMを含めたアクションシーンは非常に見ごたえがありました。

また、ラストで圭が何とも言えない表情で戸崎らを見つめて去って行くシーンには、最後の最後で裏切られた感じがしました。万事が解決するような終わり方ではなかったので、その後を考察できる興味深い作品です。